第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会

トップページ > 書道部 > 大会の報告(2014/9/16)

書 道
大会の報告(2014/9/16)
画像1全国展

 全国展は、茨城県民文化センターで展示され、会期5日間で、約6,400名の観客を数えました。7月27日(日)〜31日(木)まで、猛暑の中、ご来場下さった方々、まことにありがとうございました。

画像2全国展〜県企画展

 7月29日(火)には、文化庁長官青柳正規様のご来場を賜りました。全国展の313点すべてを、ご覧いただきました。写真は、県企画展の展示室で、長官にご説明さし上げる書道生徒実行委員長・前島佑美(県立水戸桜ノ牧高等学校3年)さん。

画像2交流会@

ホテル・レイクビュー水戸での交流会は、7月28日(月)に行いました。出品参加者全員で、「印籠」に蒔絵の技法で文字を書きました。「印籠」の中には、グループで寄せ書きをした和綴じ本「ミニ大日本史」を入れ、お持ち帰りいただきました。

画像2交流会A

 交流会の最後には、協力して、悪代官をこらしめました。写真は、参加生徒全員で、書いた「印籠」を手に掲げて、「これが目に入らぬかー」と、悪代官に向けているところ。ご協力いただき、ありがとうございました。

画像2閉会式

 7月29日(火)の講評会では、最後に全国展の審査発表がありました。その後の閉会式では、文部科学大臣賞1名、文化庁長官賞2名の表彰を行いました。写真は、文部科学大臣賞に輝いた中村友香理さん(埼玉県立大宮光陵高等学校3年)の受賞の様子。受賞された皆様、おめでとうございました。