第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会

トップページ > 写真部 >総文祭開催期間中の様子(2014/10/15)

写 真
総文祭開催期間中の様子(2014/10/15)

 茨城県つくば市において全国及び海外の高校生の写真仲間が集い写真の祭典を開催しました。
つくば美術館では全国展・日韓高校生写真交流の集い写真展、市民ギャラリーでは県内企画展を開催しました。300点を超える高校生のみずみずしい感性あふれる作品を展示しました。
 7月28日は開会式後、講評会で審査員のハービー・山口氏、榎並悦子氏から講評をいただきました。また、交流会ではグループに分かれて参加者が持ち寄った自慢の作品でフォトブック制作を行いました。
 7月29日は、笠間市コース・筑波山コース・ひたちなか市大洗町コースの3コースに分かれて撮影会を実施し、茨城の自然や歴史に触れていただきました。
 7月30日は、「HOPE」という演題で審査員長のハービー・山口氏の講演会を行いました。3日間天候にも恵まれ、充実した大会になりました。
全国よりご参加いただいた皆さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

画像1
画像2写真展会場(つくば美術館)
画像3
画像4準備風景(配布物の袋詰め)
画像5準備風景 (写真展会場外側)
画像6受付
画像7開会式(オークラフロンティアホテルつくば)
画像8講評会
画像9交流会(フォトブックを作ろう)
画像10交流会
画像11県内企画展(つくば市民ギャラリー)
茨城県内の生徒の作品を展示
画像12撮影会 朝の集合風景
画像13撮影会(笠間市コース)
ハービー・山口先生を囲んで記念写真
画像14撮影会(筑波山コース)
「ガマの油売り口上」実演
画像15撮影会(ひたちなか市・大洗町コース)
画像16ウェルカムボードでふれあちゃんが皆さんをお迎え
画像17講演会 (つくば国際会議場)
画像18表彰式
画像19閉会式(滋賀県への引継ぎセレモニー)