第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会

トップページ > 郷土芸能 > 大会結果報告その2(2014/9/5)

郷土芸能
大会結果報告その2(2014/9/5)
写真1会場となった神栖市文化センター

平成26年7月29日〜31日の3日間、神栖市文化センターを舞台に郷土芸能部門が開催されました。 全国から52チーム、1300名を超える高校生が集まり、来場者も3日間で1万5千人を超え、大盛況のうちに大会を終了することができました。

 
写真1開会式の様子

会場周辺には開催市である神栖市の全面協力のもと、交流広場や物品販売、フードコーナーなどが用意され、多くの人で賑わいました。また会場の様々な場所では、郷土芸能を後世に受け継いでいく高校生たちの、学校の垣根を越えた交流も見ることができました。

 
写真1生徒交流会の様子

スタッフとして茨城県立鉾田第一高等学校、茨城県立鉾田第二高等学校、茨城県立潮来高等学校、茨城県立鹿島高等学校、茨城県立鹿島灘高等学校、茨城県立神栖高等学校、茨城県立波崎高等学校、茨城県立波崎柳川高等学校、鹿島学園高等学校の生徒および職員が運営に携わりました。実行委員会一同、全国からいらっしゃったみなさまの思い出に残る大会になったことを祈っております。本当にありがとうございました。

 
写真1茨城県代表 茨城県立鹿島灘高等学校の演奏
 

 【写真提供:ステージライフ】