茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 茨城県教育委員会へようこそ > 教職員関係 > 教員免許 > 教育職員免許状に関するQ&A

教員免許

教育職員免許状に関するQ&A

 教育職員免許状の取得等に関して、特に問合せの多い事項についてまとめてみましたので、参考にしてください。

 

Q1.申請書類はどこで入手できますか?

A1.申請書類は茨城県教育委員会のホームページからダウンロードすることにより入手するか若しくは茨城県教育会で販売しております。

 

Q2.申請書類はいつまでに提出すればいいですか?

A2.普通免許状の申請は常時受け付けています。申請書については市町村立学校教員の場合(県内のみ)は、学校長を経由して市町村教育委員会へ、県立・私立・国立学校の教員の場合(県内のみ)は学校長を経由して特別支援教育課へ、その他の場合は、直接特別支援教育課へ提出してください。

 

Q3.申請書類を提出してから免許状の交付まで、どれくらいの日数がかかりますか?

A3.(1)申請書類が不備なくその月の15日までに特別支援教育課で受理した場合…その月の月末に交付します。

  (2)申請書類が不備なくその月の15日以降に特別支援教育課で受理した場合…翌月末に交付します。

   詳しくは「教育職員免許状を取得するには?」をご覧ください。

 

Q4.中学校・高等学校教諭の同一教科の免許状を同時に申請する場合、1件の申請書類で両方の免許状取得が申請できますか?

A4.1件の申請書類で申請できる免許状は1校種1教科となっています。中学校・高等学校教諭免許状についてそれぞれ申請書類を作成してください。

  なお、同時に申請する場合に限り、個人事項証明書(戸籍抄本)、身分証明書及び登記事項の証明については、1通のみ原本で、他はコピーを添付しても構いません。

 

Q5.結婚して姓が変わりました。どういう手続きをすればいいですか?

A5.教育職員免許状の書換えをすることができます。

 ただし、茨城県教育委員会で過去に授与(交付)された全部の免許状を同時に書き換えていただくことになります。申請者が用意していただく書類は、戸籍抄本1通と授与された免許状の原本です。書換えの申請書類は、茨城県教育委員会にあります。

 

Q6.本籍地が変わりました。どういう手続きをすればいいですか?

A6.Q5(姓が変わった場合)と同様に、教育職員免許状の書換えをすることができます。

 ただし、都道府県をまたがる変更があったときに限られます。(同一県内での本籍地の変更は書換え不要です。)

 

Q7.他の都道府県から交付された教育職員免許状を書換えるには、どうすればいいですか?

A7.教育職員免許状は、交付した都道府県教育委員会が事務を取り扱いますので、該当する教育委員会にお問い合わせください。

 

Q8.引っ越ししたとき、教育職員免許状をなくしてしまいました。免許状を再発行してもらえますか?

A8.この場合は再発行(再交付)できません。教育職員免許状の再交付申請ができるのは、紛失の理由が災害等による場合(災害、風水害、盗難等)で、相当官公署の証明(罹災証明等)が得られるものに限られています。

 なお、再発行できない方には、必要に応じて教育職員免許状授与証明書を発行します。

 

Q9.他の都道府県から交付された教育職員免許状の授与証明書がほしいのですが、どうすればいいですか?

A9.免許状を発行した都道府県教育委員会にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 特別支援教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5274(教員免許担当)  FAX 029-301-5289

E-mail tokukyo3@pref.ibaraki.lg.jp