茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 墨岡亜古教諭(神栖市立波崎第三中学校)

墨岡亜古教諭(神栖市立波崎第三中学校)

平成30年10月9日掲載

生徒と「最高」目指す

墨岡亜古教諭
▲墨岡亜古教諭

 小学校から中学校に異動して1年半。昨年度入学した生徒たちと共に進級し、中学校勤務2年目の生活を送っている。異動したばかりのときは、自分より体の大きな生徒たちに吸い込まれてしまうような不安感を覚えた。小学校と中学校は違う面がいろいろあり、いまだに戸惑うことばかりだ。

 そんなある日、同僚から、こんな声を掛けられた。

 「こんなに盛り上がる学級にするための秘訣(ひけつ)は何ですか」

 残念ながら、私は何もしていない。ただそこにいるだけである。生徒たちが互いに声をかけ合い、輪になって盛り上げる。時には円陣の中に担任を巻き込んでくるほどの勢いだ。おかげで、4月末の校内陸上では、2年生ながら8の字跳びで全校優勝を果たした。

 その興奮冷めやらぬうちに、本学級の背面黒板に書かれていた文字は「最高 next体育祭」。夏休みを挟んで9月まで気持ちが続くのか。エンジンを暖めるには早すぎるのではないか、と私が気をもんだくらいである。

 しかし、今年の生徒たちはこんな私の不安な気持ちを見事に裏切ってくれる。9月に行われた体育祭ではむかで競走で学年優勝した。練習の時から互いに声をかけ合い、心を一つにして得た結果である。

 教室の前方には「常に最高なクラス」と学級訓が掲げられ、そして、既に体育祭を終えた本学級の背面黒板には「最高」と書かれている。全員で力を合わせて「最高なクラス」を目指す日々。もう、真新しい制服に身を包み、ドキドキしながら入学してきた1年前の姿はそこにはない。

 この1年半で担任の自分はどう変わったのだろうか。しかし、こんな思いをさせてくれる生徒たちの担任である私は幸せだ。

【平成30年10月1日茨城新聞掲載】

 

神栖市立波崎第三中学校プロフィール

 住所 神栖市須田2340-1

 電話 0479-46-0042

 校長 木之内英一

 神栖市立波崎第三中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp