茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 方波見祐太養護教諭(水戸市立第四中学校)

方波見祐太養護教諭(水戸市立第四中学校)

平成30年7月23日掲載

見守られ経験し成長

方波見祐太教諭
▲方波見祐太養護教諭

 今年、5月に3学年の修学旅行の引率をした。

 3年生にとっては、集団で宿泊を伴う最後の行事である。本校は、大規模校であるため300人近くの生徒が、集団で行動をした。

 修学旅行の2日目は、少人数の班に分かれて、京都市内を散策した。生徒は、自分たちで話し合いながら、目的地を目指したり、昼食をとったりした。

 街中で見かけた生徒は、学校で見ているときよりずっと頼もしく見えた。しかし、一人一人表情が異なって見えた。おそらく各自いろいろなことを考えていたのだろう。笑顔や真顔、不安そうな顔、焦った顔、さまざまであった。同じ集団の中にいても、生徒は一人一人異なる存在であるということを改めて感じた。学校という空間から外に出て、先生に頼らずに活動している生徒は自由という開放感があると同時に、緊張感をも持っていた。そんな中、生徒たちは、巡視をしている私たちに気付くと喜んで話しかけてきた。その時、なんだかうれしくなった。

 普段、私は養護教諭として保健室での関わりに加えて、登下校や授業、給食休み時間、部活動など、さまざまな場面で生徒の活動を見ている。目の前の物事に一生懸命取り組み、多くの経験をしていく生徒たちを見ると、自分にも、そんな時代があったんだなと懐かしく感じていた。そして、ふと気付いたことがある。自分も子どものとき、知らないうちにいろいろな方々に見守られてきたんだということを。楽しいことも、つらいこともたくさん経験し、今こうして学校に勤務していられるのは、いろいろな方々に守られてきたからだということを。

 生徒たちもこれからいろいろな出来事と出会うであろう。今度は自分が見守る番である。

【平成30年7月16日茨城新聞掲載】

 

水戸市立第四中学校プロフィール

 住所 水戸市元吉田町1987番地の3

 電話 029-247-5554

 校長 皆川澄雄

 水戸市立第四中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp