茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 近藤あゆみ教諭(水戸市立下大野小学校)

近藤あゆみ教諭(水戸市立下大野小学校)

平成30年7月9日掲載

笑顔と実践忘れずに

近藤あゆみ教諭
▲近藤あゆみ教諭

 教師としての仕事を日々続けていく中で、たくさんのことを子どもや保護者、同僚の先生方から教えていただく毎日である 特に、私がこれまでの教員人生の中で、「はっ」と気づかされたり、学んできたりしたことのいくつかを取り上げたいと思う。

 一つ目は、「笑顔」を意識した経験である。これは、新規採用1年目の時に、クラスの子どもから教えてもらった。大学を卒業してすぐに40人の3年生を担任し、必死になりながらも楽しく過ごしていた。冬休み前に仕事が重なり、余裕がなくなっていた時期に、クラスのある女の子から、「先生、元気ないの?笑顔が少なくて寂しいな」と声を掛けられた。私は、「はっ」とした。先生に笑顔が少ないことがクラスの子どもに不安を与えてしまうものだったのだと初めて気づかされた瞬間だった。

 それから、私は、教室に入る前には「疲れた顔していないかな」と、自問してから教室に入るようになった。この経験から10年以上たった今でも、その意識は変わらずに心に刻まれている。

 二つ目は、「やってみよう」をモットーに仕事をすることである。これまで出会ってきたたくさんの先生方の仕事に取り組む姿勢から感じ取ってきたことは、「やってみる」という気持ちを持ち続けることの大切さである。授業や学級経営に対して自分が学んだことや考えたことで「いいな」と思ったことは、すぐに実践するようにしている。

 こうして考えてみると、二つの事柄とも今では、私の「教師として」大切にすることだけでなく、「毎日の生活の中で」大切にしていくこととなっている。これからも「笑顔」と「やってみよう」を忘れずにいたい。

【平成30年7月2日茨城新聞掲載】

 

水戸市立下大野小学校プロフィール

 住所 水戸市塩崎町666番地

 電話 029-269-2003

 校長 海野隆

 水戸市立下大野小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp