茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

古徳裕教諭(水戸市立第五中学校)

平成30年3月30日掲載

感動体験に寄り添う

古徳裕教諭
▲古徳裕教諭

 現在の学校に新規採用となり、5年の月日がたつ。後輩も増え、責任ある立場での勤務となった今でも初年度と変わらず大切にしていることがある。それは学校という集団生活の中でしか得られない感動体験である。誰もが子どもの頃に体験し、いつまでも記憶の中に輝き続けている学校での思い出。それこそが心の成長の瞬間であり、その瞬間に寄り添える喜びを大切にしたいと思うのである。

 幸いにも、私は昨年度から生徒会の担当としてさまざまな学校行事を企画、運営する立場となった。これがきっかけとなり、自分自身と生徒、そして同僚の職員とのつながりをより深めることができた。その結果、得られる感動と喜びはより一層のものとなった。

 2学期に行われた体育祭では、千人以上の人が3年生の伝統種目である「30人31脚」を見守った。会場の全員が息をのむ緊張感の中、担任の先生が笛を吹きながら学級の先頭を走る。運動が得意な子も苦手な子もみんなが一つとなりゴールになだれ込む。生徒と教師のハイタッチで感動は最高潮に達した。

 中学校の醍醐味である合唱コンクールでは、担任としての思いを込めた仕掛けで、生徒の心を奮い立たせる。当日は、ここぞとばかりに見せる生徒の真剣なまなざしに鳥肌が立ち、お互いに感動を分かち合う体験となった。

 とはいえ全てが順調であるわけではない。自分の未熟さ故に迷い、不安になることも多々ある。そして、そんな時に支えてくれる生徒や同僚がいることも学んできた。

 もうすぐ新しい年度が始まる。これまでに学んだ多くのことを糧として、「すべての教師と生徒がともに創る学校」を目指し、微力ながら自分のできることを精いっぱい取り組んでいきたい。

【平成30年3月26日茨城新聞掲載】

 

水戸市立第五中学校プロフィール

 住所 水戸市堀町1166-1

 電話 029-251-1414

 校長 木下美直

 水戸市立第五中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp