茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 松葉麻理奈教諭(土浦市立上大津西小学校)

松葉麻理奈教諭(土浦市立上大津西小学校)

平成30年2月1日掲載

レンコンの話に笑顔

松葉麻理奈教諭
▲松葉麻理奈教諭

 「先生、レンコンの穴の数ってちゃんと決まっているんだよ」。ある日、子どもたちとそんな会話が始まった。「え!そうなの?本当に?」。驚きつつもちょっと疑った私に「真ん中の穴も合わせると9個か10個って決まってるんだよ」と、とても得意そうに教えてくれた。本校の学区ではレンコンの生産が盛んで特産品だ。学校の昇降口のガラス扉には、レンコンのシールが貼ってある。

 その会話を思い出し、穴を数えてみるとちゃんと9個だった。かわいい形だなぁと思った。

 昨年春に、初めて本校を訪れた時、自分の母校に少し似ていて、懐かしい感じがした。今年担任している3年生の児童数は9人。元気な子どもたちは、とびきりの笑顔で笑ったり、どんな大事件が起こったのかと思うほど怒ったり、泣いたり、毎日が真剣そのものだ。これまで中学校勤務だった私は、正直なところ、子どもたちにどう接していいのか迷うこともある。だから、どんな時でも真剣に話を聞くことを心がけ、子どもたちとまっすぐに向き合う姿勢を忘れないようにしている。

 子どもたちはとても素直だ。授業がつまらないと感じたら浮かない顔をし、おもしろい内容だと「早く!やろう!」と目を輝かせ、うずうずし出す。授業中に、子どもたちの雰囲気が沈んでくると私の心も沈む。そんな時は、職員室の先輩方に相談し、アドバイスをもらうようにしている。疑問や不安を真剣に聞いてくれて、丁寧に教えてもらうと安心する。きっと子どもたちも同じなのだと思う。

 9人の子どもと私、合わせて10人。レンコンの穴の数と同じ。私はいつまでも、この10人で過ごした日々を、レンコンの穴を見る度に思い出し、笑顔になれると確信している。

【平成30年1月29日茨城新聞掲載】

 

土浦市立上大津西小学校プロフィール

 住所 土浦市手野町3651

 電話 029-828-1016

 校長 吉原憲夫

 土浦市立上大津西小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp