茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 𣘺本博音教諭(常総市立鬼怒中学校)

𣘺本博音教諭(常総市立鬼怒中学校)

平成29年11月9日掲載

教師同士の協力大切

𣘺本博音教諭
▲𣘺本博音教諭

 どんな職業でも言えることであろうが、教師の仕事はチームワークが大切である。生徒一人一人の学習面・生活面に関すること、学校行事の計画や教育に関するさまざまな事務など多くの情報を教師同士で共通理解し、協力して教育活動を行っていくことが重要である。

 私は社会人オーケストラでチェロを演奏することを趣味としているが、オーケストラの中で演奏するのに必要なチームワークは教師の仕事のそれと似ていると思う。

 オーケストラの中で演奏する上で重要なことがある。一人一人の奏者が技術を磨き、それぞれが創造性を発揮しながら演奏すること、そして、他者の演奏を尊重し、自分の演奏と折り合いをつけながら、協力して一つの音楽を創り上げることである。

 本校は若い教師が多く、職場が活気にあふれている。教師同士の仲も良く、困った時に互いに気兼ねなく相談し合うことができる雰囲気がある。本校では本年度、主体的・対話的に授業に取り組むことができる生徒の育成を研究テーマとして掲げ、全ての教師がそれに則した授業づくりを行っている。校内研修への取り組みも意欲的である。

 足並みのそろった教師たちの教育活動は生徒たちにも良い影響を与えている。ほとんどの生徒が自分からあいさつすることができ、訪れた来客から驚かれる。

 また、学校行事や集会などの場で生徒たちは教師に頼らずに生徒同士で話し合いながら積極的に企画を練ったり、進行したりすることができる。

 教師のチームワークの良さは学校の教育活動の大きな原動力である。これからも生徒たちの成長の喜びを糧とし、教師同士で協力して教育活動を行っていきたい。

【平成29年11月6日茨城新聞掲載】

 

常総市立鬼怒中学校プロフィール

 住所 常総市中妻町4180

 電話 0297-22-7621

 校長 海老原治夫

 常総市立鬼怒中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp