茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

杉浦友浩教諭(水戸市立緑岡中学校)

平成29年9月7日掲載

「感動」あふれる職業

杉浦友浩教諭
▲杉浦友浩教諭

 ここ緑岡中学校に勤務し始めて3年目になる。前任の大子西中学校、さらに講師時代を含めると、10年以上教職に就いている。

 昔、ある生徒に「なぜ教師になったのですか」と聞かれたことがある。その時は確か、「教えるのが好きだから」と答えていたと思う。

 今、実際に10年以上勤務し、教師の良さとは何なのか、なぜ自分は教師を続けているのかを改めて考えてみた。

 他の仕事も一緒であろうが、教師の一日は忙しい。

 部活動の早朝練習に始まり、授業、給食指導、清掃指導、そして部活動の放課後練習、その後に次の日の授業の準備と、とにかくやることが山積みである。その忙しい日常の中の何が魅力となっているのだろう。

 他の職業にはない教師の魅力とは何なのだろう。

 それは「感動」だと思う。教師ほど「感動」の多い職業はないのではないだろうか。

 部活動の試合で勝った時、負けた時、そして引退する時。体育祭やクラスマッチ、合唱コンクールなど。そのような大きな行事以外にも、日常生活の中に小さな感動がいっぱいあふれている。

 計算問題ができなかった生徒ができるようになったとか、自分が一番という雰囲気だった生徒が他の生徒に教えてあげている姿とか、そんな小さな、しかしすばらしい成長が目の前で起こっているのである。

 こんなにやりがいのある職業はない。

 今度、「なぜ教師になったのですか」と聞かれたらこう答えるだろう。

 「子どもたちの成長を間近で見られ、こんなにも感動できる職業は他にないからだ」

【平成29年9月4日茨城新聞掲載】

 

水戸市立緑岡中学校プロフィール

 住所 水戸市見川町2563-81

 電話 029-241-1069

 校長 山﨑利一

 水戸市立緑岡中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp