茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 中田恵美子教諭(常総市立大花羽小学校)

中田恵美子教諭(常総市立大花羽小学校)

平成29年3月9日掲載

英語の交流楽しんで

中田恵美子教諭
▲中田恵美子教諭

 本校では、外国語活動の時間になると、教室から子どもたちの元気な英語や歌声が聞こえてくる。休み時間には、オーストラリア人のALTと親しげに話す姿も見られ、子どもたちから言葉の壁は感じられない。6年生の朝の会の1分間スピーチでは、流暢な英語で自己紹介をしたり、質問をしたりして友達と楽しそうにコミュニケーションを図る姿が見られる。子どもたちの日々成長している姿を目にしてとても感動する。

 

 子どもたちは教師が思っている以上に外国語を抵抗なく学び、コミュニケーションのツールとして確立しているのである。

 

 東京オリンピック開催の2020年から英語教育が大きく変わろうとしている今、われわれ教師は、加速化するグローバル社会に対応できる「使える英語」の教育の推進において、期待と不安に包まれている。しかし、子どもたちにとって教科の英語に変わることは、「聞く」「話す」以外に「読む」「書く」というコミュニケーションのツールが広がることになる。話すことが苦手な児童には「書く」というツールで自分を表現することができる。「聞く」ことだけではなく「読む」というツールが増えることにより、情報や知識の習得のツールが広がる。

 

 外国語活動から教科の英語になることは、コミュニケーションツールが広がり、個性にあったコミュニケーションの手段を獲得することもできる。

 

 そこで私は、スマホ世代と言われる人との関わりの少ない子どもたちに、英語という言葉を通して、コミュニケーションの楽しさや、人との関わりの素晴らしさを伝えていきたい。そして、世界に目を向け、未来への夢の翼を広げて、明るくたくましく育っていって欲しいと願っている。

【平成29年3月6日茨城新聞掲載】

 

常総市立大花羽小学校プロフィール

 住所 常総市大輪町386-1
 電話 0297-24-7345

 校長 蛯原浩一

 常総市立大花羽小学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp