茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 教師の広場 > 宮下典子教諭(常陸大宮市立御前山小学校)

宮下典子教諭(常陸大宮市立御前山小学校)

平成27年10月21日掲載

無限の可能性秘める

宮下典子教諭 
▲宮下典子教諭

 9月1日、今年も児童全員の元気な顔がそろって2学期がスタートできた。安堵と感謝の気持ちでいっぱいになる。

 それは、当たり前のようで当たり前ではないからだ。


 15年前の8月31日、教え子が交通事故で亡くなった。お母さんと一緒に。明日から始まる新学期の準備をしながら楽しみに待っていたであろうに。 


 私には、年に2回、命の尊さについて子ども達に語る日がある。9月1日と、6月14日。

 6月は、担任をしていた子が水の事故で亡くなった日である。毎年、その日の前後の週末には彼の同級生たちと彼が好きだった紫色の花を川に手向けて祈りをささげてきた。


 もしかしたらあの事故は、防げたのではないか。あの日、あの子が弟と2人、子どもだけで川に行かなければ…。そして、私が、日々子どもたちに川の恐ろしさをもっと強く訴えていれば…。命は、もろく、はかないものであることを改めて思い知らされた。


 今、私の目の前の子どもたちは、命を精一杯輝かせ、無限の可能性を秘めて生きている。友達と遊んで楽しかったと、汗を光らせながら走り寄ってくる子、昨日、何ページも家庭学習をがんばったと得意そうに話しかけてくる子、大人になったら○○になるんだと、笑顔で夢を語る子。

 ―そう、いいね。よかったね。いいこといっぱいあるね。生きている証拠だね―。


  命は、強く、たくましい。どうかこの先も、この子らが、生まれてきて、生きてきてよかったと思えるような時間を送ってほしい。命を精一杯紡いでほしい。

 それができる平和な日本であってほしい、と願わずにはいられない。

  【平成27年10月12日茨城新聞掲載】


常陸大宮市立御前山小学校プロフィール

住所 常陸大宮市野口3217

電話 0295-55-1002

校長 武藤 信一

常陸大宮市立御前山小学校ホームページ


お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp