茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

大内 諭教諭(日立市立水木小学校 )

平成27年7月9日掲載

震災復興 感謝と喜び

大内 諭教諭 
▲大内 諭教諭

 「今から運動会を始めます」。

 1年生の元気な声で5年ぶりの自校での春季運動会が幕を開けた。

 本校は東日本大震災で大きな被害を受けた。校舎を新築し、プール、運動場を改修し、今年の4月からやっと元通りの生活ができるようになった。その間、分散型学校として、近隣の小学校、中学校の校舎を借りての生活であった。

 理科室が職員室に、柔道場が教室になるなど全く先の見えない生活が続いた。

 運動会も、一緒に練習できないなどの理由でダンスや組み体操などが実施できなかった。他の学校ではできたであろう「下級生に教える」「上級生の姿を見て学ぶ」ことができなかった。


 今年の高学年の組み体操の演技では、練習で何回も失敗した技が完成し感動に包まれた。
 異なる学年が関わりをもてることは、子どもの成長においても大切なことである。今では、以前のように6年生が1年生の教室で校歌を教えていたり、2年生が1年生に付き添い学校内を案内したり、4年生が3年生に「ソーラン」の踊りを教えたりしている。

 今まで当たり前に生活できていたことが何とすばらしいことなのかをあらためて実感している。
 また、昇降口ホールにからくり時計が設置された。メロディに合わせ文字盤が動く様子を見ようと人だかりができるほど人気になっている。これは、神戸市立水木小学校からの支援の一部をかたちにしたものである。時計を眺めている子どもの表情を見ていると、多くの人に支えられて復興できたことへの感謝と、元通りに生活できる喜びを感じる。


 震災からの復興まで、学校が一つになることを目標に頑張ってきた。今後は新しい水木小をつくることに頑張っていきたい。

【平成27年6月29日茨城新聞掲載】

日立市立水木小学校プロフィール

住所 日立市水木町1-6-1

電話 0294-52-3129

校長 田切和明

日立市立水木小学校ホームページ

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp