茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

三國智子教諭(筑西市立下館南中学校)

平成27年6月4日掲載

思いつなぐ学級便り

三國智子教諭 
▲三國智子教諭

 小学校高学年のときの担任の先生は、筆まめな先生で、学級便りを頻繁に出してくれた。
 歯科検診が終わると、「○○さんは虫歯が1本もありませんでした。歯磨き、みんなもがんばろうね」、誰かが花を持ってくると、その花のデッサンと一緒に「きょうは○○さんが教室に花を持ってきてくれました。教室が明るくなったね」。
 先生は、いろいろな言葉で私たちを認め、褒めてくれ、学級の中のそれぞれの頑張りを公平に紹介してくれた。

 いつも「次もがんばろう」と思う意欲の原動力になり、「先生がいつも見てくれている」という温かい雰囲気を感じながら学校生活を送っていた。


 教員として24年目となる今、私も学級便りを発行している。あの時の先生の思いを少しはつなぐことはできているだろうか。
 心も体も大きく成長する中学生の時期。友達を気遣う行動や責任をもって仕事をする姿など、学級の中にはすてきな行動がたくさんある。


 運動会の日、最後の最後で抜かされてしまった友に何も言わず寄り添う姿。「お疲れ!」と明るく声をかける姿。合唱コンクール当日、緊張でどきどきしている指揮者や伴奏者にみんなで励ましの寄せ書きを送り、「俺たちがついている!」と円陣を組む姿。入試当日、これから勝負をむかえる仲間にお守りを手渡す姿。


 中学生には、どの学級にも、いろいろなドラマがあふれている。生徒一人一人にとってはかけがえのない一瞬一瞬である。

 一生に一度しかない中学生の3年間。大人になって学級便りをふと読み返したときに、たくさんの思い出がよみがえってくるような、そんな便りを作っていきたい。

【平成27年5月25日茨城新聞掲載】

筑西市立下館南中学校プロフィール

住所 筑西市一本松546

電話 0296-22-3736

校長 酒井高志

筑西市立下館南学校 ホームページ

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp