茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

新井翔太教諭(古河市立三和北中学校)

平成27年4月16日掲載

生徒と共に悩み成長

新井翔太教諭 
▲新井翔太教諭

 「人に何かを教える」のが教師の仕事である。しかし、人間としても教師としても未熟な私には、そんな技術も経験もない。できることと言えば、ただひたすら全力で、生徒と関わることだ。


 新採教師としての一歩を踏み出した私は、2年生の副担任に配属された。初めて出会う生徒、初めての環境に戸惑うばかりであった。
 しかし、不安とは裏腹に、生徒たちと過ごす日々は、とても充実したものであった。普段の授業や部活動、学校行事を通して関わっていく中で、彼らは、私たち大人が思っている以上に、物事をしっかりと捉え、深く考えていることを知った。自ら考え、実行する生徒をそばで見守り、私自身が気付けないようなことを、彼らはたくさん教えてくれた。


 そして2年目、3年生の副担任に配属され、進路選択から卒業という大きな節目を迎えた。共に悩み、迷い、時には涙を流し、自分のこれからについて真剣に考える彼らの姿。卒業式の晴れ晴れとした表情は、私の心に深く刻まれた。


 生徒との関わりの中で、「何かを教える」ばかりが教師の仕事ではないと気付いた。生徒と関わり、「共に成長していく」ことができる。それが教師の仕事であり、やりがいなのだと。そんな大切なことに気付かせてくれたのは、ほかでもない生徒たちであった。


 これからもさまざまな経験を積み、知識を柔軟に吸収して生徒と共に成長していきたい。中学校は長くても3年間、短いときは1年間しか生徒と関わることはできない。長い人生の中の中学時代がキラキラと輝く日々になるように、全力で生徒と関わり、寄り添っていく。

 それが、これから出会う全ての生徒、そして私自身を成長させてくれると信じて。

【平成27年4月6日茨城新聞掲載】


古河市立三和北中学校プロフィール

住所 古河市諸川1995

電話 0280-76-5900

校長 中島照雄

古河市立三和北中学校ホームページ

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp