茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 教師の広場 > 細貝和基教諭(常陸大宮市立山方中学校)

細貝和基教諭(常陸大宮市立山方中学校)

平成28年3月10日掲載

感動につながる全力

中泉光平教諭

▲細貝和基教諭

 昨年11月、関東一の大鍋を目玉とした「第18回やまがた宿芋煮会」が開催された。県内外問わず多くの観光客が訪れ、本年度は県内のゆるキャラが登場するなど、大いに盛り上がりを見せた。また、本校生徒会が山方中学校マスコットキャラクター「山がったん」と共に参加し、山方中のPRやクイズで「元気あふれる山方中」を表現した。学校から離れた場所でも、生き生きと笑顔で活動する生徒の姿はとても新鮮だった。
 初任校として山方中学校に赴任し4年目になる。地域合同体育祭や地区別奉仕活動など、地域と関わりを持つ行事が多くあると感じている。生徒会を中心に働きかけ、学校、家庭、地域が連携し、活発な活動を行っている。また、普段から生徒の登下校の立哨、通学路や校内の環境整備、部活動や駅伝大会に向けた支援など、地域の方々の協力を得ている。本校の活動を応援し、共に生徒を育てようと協力してくださることに、感謝の気持ちでいっぱいである。

 年々、生徒数が減少する中で、地域との関わりを深めた教育活動はとても大切なことだと考える。地域のことを知り、活動を共にすることで、郷土愛が育まれると感じている。
 先日、1年生を対象に進路学習として「職業人の話を聞く会」を設けた。市内地域で働き活躍する方の話に、真剣に耳を傾ける生徒の様子が印象的だった。私自身も話を聞く中で、「将来、生徒たちはどのような職業に就くのだろう」と考えた。生徒が望む職業に就職し、活躍できることを何よりも願いたい。さらに、自分を育ててくれた地域を豊かにし、貢献できる人になってほしいと思う。

 中学校3年間という短い期間であるが、これからも地域と共に生徒を育んできたい。

【平成28年2月29日茨城新聞掲載】


常陸大宮市立山方中学校プロフィール

住所 常陸大宮市山方3267

電話 0295-57-2802

校長 菊池 久義

常陸大宮市立山方中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp