茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  茨城県教育委員会へようこそ > 教育広報 > いきいきマイスクール・教師の広場 > 教師の広場 >大山知恵美教諭(ひたちなか市立田彦中学校)

大山知恵美教諭(ひたちなか市立田彦中学校)

平成28年1月27日掲載

命育む仕事の奥深さ

大山知恵美教諭

▲大山知恵美教諭

 相田みつをさんの詩に「その人の眼に通じるものは ただほんとうのことだけ そういう人を持つがいい」という言葉がある。私の脳裏に一人の恩師の姿が浮かぶ。30年来、教え諭してくださった、掛け替えのない存在。その人の前ではおのずと背筋が伸びる。穏やかな語りと真実を見極める目は、私の心を洗う。 
 さて、私の教師としての歩みを振り返ったとき、恩師に少しでも近づくことはできているのだろうかと自問する。ただ一つ言えることは、素晴らしい出会いの連続であったことだ。おかげさまで、義務教育9年間の、それぞれの子どもたちを担任することができた。

  「先生、あのね」と未来をいっぱい詰め込んだ瞳をきらきらさせながら話し掛けてくる子。雪が舞い降りてくる様をじっと見詰めていた子らが、誰からともなく群読し始めた光景。中学生ともなると「僕に任せて」。何とも頼もしい言葉を掛けてくれる。体育祭や合唱コンクールでは、心を合わせ最高のドラマが繰り広げられる。

 なかなか学校に来られなかった子が「ありがとう」の言葉を添えて、巣立っていった早春の日。町で久しぶりに会うと、懐かしい笑顔で話し掛けてくれる子。教え子たちが教壇に立つ姿。まだまだ数え切れないほどの多くの出会いと感動があった。私は子どもたちに教えていたつもりで、大事なことは、いつも子どもたちから教えられていた。命を育む教師という職業の奥深さをしみじみと感じる。
 きょうもまた、「大山先生、おはようございます」と元気な声が聞こえる。なんてすがすがしい気分にさせてくれるのだろう。私の心が潤い、パワーをもらう瞬間だ。空を見上げて恩師に誓う。この先も子どもたちと一緒に歩んでいくことを。

 

  【平成28年1月19日茨城新聞掲載】


ひたちなか市立田彦中学校プロフィール

住所 ひたちなか市田彦1442-1

電話 029-274-9383

校長 橋本 清文

ひたちなか市立田彦中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp