茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

髙松剛教諭(水戸市立国田中学校)

平成28年1月21日掲載

輝く生徒磨くため精進

横田格教諭

▲髙松剛教諭

 「おはようございます」と私が教室に入ると、そこにはいろんな表情をした生徒がいる。朝練習を終えて爽やかな表情をした生徒、「先生~」と笑顔で話しかけてくる生徒、悩みを抱えているのであろう浮かない表情をした生徒。子どもの気持ちは表情に表れる。不思議なことにどんな表情であれ、その奥にはまばゆい輝きを感じる。そんな生徒と送る毎日が楽しい。

 

 小学6年生で教師に憧れ、中学3年生でその夢が目標に変わった。そして教員生活12年、当時憧れを抱いたような教員になれているのだろうか。時々そんなことを考える。当時の憧れは、漠然としたものだっただろう。担任の穏やかな笑顔や楽しい授業、時に怒る厳しさなど、繰り返される日常の一つひとつに影響を受けたのだと思う。教員となり冷静に考えると、そこには先生の情熱があり、愛情があり、真剣さがあった。そして先生に見守られているという安心感があったのだろう。

 

 現代の子どもたちが抱える悩みは複雑で多岐にわたる。なかなか人に言えない悩みであったり、共通の悩みでないがゆえに、相談できる相手もいなかったりする。

 

 そういう生徒の表情からは何ともいえない寂しさを感じる。そんな生徒を見つけたときは、特に話し掛けたくなる。

 

 教師としてできること、それは一人一人の生徒に寄り添うこと。教科指導や学級活動、部活動などを通して、困難を乗り越えたり、よりよい解決策を見つけたりするといった「生きる力」を身につけさせることであると考える。

 

 どんな表情をした生徒からも感じる輝き、それは一人一人が持つ可能性からくるものだ。無限の可能性を秘めた原石をほんの少しでも磨くことができるよう日々精進したい。

 

  【平成28年1月11日茨城新聞掲載】


水戸市立国田中学校プロフィール

住所 水戸市下国井町2595-1

電話  029-239-7125

校長 吉井 由隆

水戸市立国田中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp