茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

横田格教諭(常陸太田市立金砂郷中学校)

平成28年1月7日掲載

無限の可能性伸ばす

横田格教諭

▲横田格教諭

 これまでの教員生活を振り返ってみる、いろいろなことが思い出される。しかし、強く印象に残っていることは、みんなで何かをやりとげたことが多い。

 

 最初の赴任校ではバレーボール部の顧問として、どうすれば勝てるかを考え、練習した。攻撃パターンを多数用意し、完成度を高め、勝つことができたときの喜びは今でも覚えている。

 

 目標を持って努力し、力をどんどん伸ばしていく姿を見て、子どもたちの素晴らしさと可能性を知った。たとえ負けても、やるだけのことをやれば、満足感が得られた。

 

 合唱コンクールでは、音を覚えるところから、素晴らしいハーモニーをつくり上げた。何回も意見がぶつかり、挫折しそうなことがあった。賞を目指してみんなの力を合わせることができると、歌っていて上達したことが実感できた。苦労すれば苦労した分、得られる感動も大きかった。

 

 小学校では、クラスで8の字跳びの県大会に出場した。跳ぶ回数を増やすための方法をみんなで考え実践した。普段の練習でもそうだが、集中することの大切さを教えられた。5分間で888回跳ぶことができた。その様子は精密機械のようで、芸術的でもあった。

 

 学校生活で、子どもたちはいろいろなことを学ぶ。成功や失敗を多く経験することは大変貴重である。悩んだり苦しんだりすることが成長に結びつくことが多い。学生時代に学んだことはその後の人生に大きく役立つ。

 

 子どもたちは無限の力を持っている。その可能性を引き出し伸ばせるかは、子どもたち自身の努力とまわりの環境にかかっている。

 

 これからも子どもたちのために、微力ながらできるだけのことをしていきたい。

 

  【平成27年12月21日茨城新聞掲載】


常陸太田市立金砂郷中学校プロフィール

住所 茨城県常陸太田市大里町3577

電話 0294-76-2004

校長 井上 敏行

常陸太田市立金砂郷中学校ホームページ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp