茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

いばらきの教育自慢vol.1 ~体力トップクラスの秘けつ~

全国体力テスト:2年連続1位

 

 平成25年度の全国体力テストで、茨城県の中学生2年生は男女とも2年連続全国1位でした。
(小学生5年生は男子3位女子2位)

ハッスル黄門

茨城県マスコットキャラクター

ハッスル黄門


なぜ茨城県の子どもは体力があるの?

 体力の向上は、学力の向上と並んで教育の重要なテーマです。

 県では、体力アップ推進プロジェクト、スポーツチャレンジなどを通して学校における体育・スポーツ活動の充実を推進しています。

 各学校ではそれぞれ工夫を凝らした取組を行うことで、子どもたちのチャレンジ精神を鍛え、困難に立ち向かう「たくましい心と体」を育てています。

【関連リンク】

どうして体力が必要なの?

 体力テストとあわせて運動習慣について調べたところ、全国の中学生は、部活動を含めた平日放課後のスポーツ実施率が男子で90%、女子で70%を超える一方、2年女子の4人に1人が一週間の運動時間0分(学校体育の時間を除く)という結果になるなど、運動をする子としない子の二極化が見られました。

 

 子どもの体力・運動能力は、現在の中学生のご両親が中学生だった頃(昭和60年ごろ)から現在まで低下傾向が続いています。また、最近の子ども達は、靴のひもを結べない、スキップができないなど、自分の身体を操作する能力の低下も指摘されています。

 

 習慣的に適度な運動をすることで、

  • 太りすぎ、痩せすぎを防ぎ、病気にかかりにくい、かかっても治りやすい健康な体になります。
  • よく眠れるようになるなど生活習慣が改善し、物事に取り組むやる気や集中力が高まります。

 子どもの頃から運動する習慣をつけ、健康な生活を送りましょう。

 

スポーツ選手からのメッセージ

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp