茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県南生涯学習センター「おもしろ理科先生」のデモンストレーションを実施

フォトニュース

県南生涯学習センター「おもしろ理科先生」のデモンストレーションを実施

 

 

筑波大学小林先生の講義風景
▲筑波大学小林先生の講義風景

 

実験には、保護者の皆さんも参加しました
▲実験には、保護者の皆さんも参加しました

 

子どもたちが「不思議なおもちゃ」の体験をしている様子
▲子どもたちが「不思議なおもちゃ」の体験をしている様子

 

平成30年11月7日掲載

 

 10月27日(土曜日)、県南生涯学習センターで、小学生を対象とした「おもしろ理科先生」のデモンストレーションを実施しました。

 

 講師に、筑波大学応用理工学類准教授の小林正美先生をお迎えし、「火打石の実験」「紙コップから雪を出す実験」「紙コップの水を熱くする実験」「ウズラの生卵をゆで卵にする実験」などいろいろな実験を行いました。また、楽しくて不思議なおもちゃをたくさん準備していただき、子どもたちは、理科の楽しみを十分に味わうことができました。

 

 デモンストレーションには、この事業の活用を考えている保護者や教育関係者も見学しました。見学者からは「ユーモアを交えて子どもたちの興味を引き付けるとても楽しいデモンストレーションでした。自分の子ども時代を思い出しながら童心にかえる素敵な時間でした」「先生が、とても話が上手で、普段、理科にそれほど興味のない息子も集中して聞いていました」「大人でも知らなかったことばかりで、とても感心させられました。子どもでも分かりやすく説明してもらえて、親子で楽しめました」「実験と遊びが結び付いていて良かったです」などの感想がありました。

 

 子どもたちや見学者にとって、理科実験のおもしろさを味わうことができ、充実したデモンストレーションになりました。

 

※ おもしろ理科先生派遣事業

 企業や研究所等の理科教育や実験に関して専門的な知識を持った研究者や退職教員などを「おもしろ理科先生」として、学校や子ども会等に派遣し、子どもたちに理科に関するユニークな実験や観察方法を指導したり、自然に親しむことなどを体験させることで、子どもたちに理科に関する興味や関心を高めるとともに、指導者の生き甲斐づくりを支援する事業です。

内容に関するお問い合わせ
施設名 県南生涯学習センター
連絡先 029-826-1101

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp