茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 第2回茨城県訪問型家庭教育支援員養成研修会が行われました

フォトニュース

第2回茨城県訪問型家庭教育支援員養成研修会が行われました

 

 

講義「幼児をもつ保護者へのアプローチ」の様子
▲講義「幼児をもつ保護者へのアプローチ」の様子

 

講義「児童相談所との連携」の様子
▲講義「児童相談所との連携」の様子

 

講義・演習「傾聴スキルを取得しよう」の様子
▲講義・演習「傾聴スキルを取得しよう」の様子

 

平成30年9月13日掲載

 

 8月10日(金曜日)、茨城県総合福祉会館で、平成30年度第2回茨城県訪問型家庭教育支援員養成研修会を実施しました。この研修会は、実際に訪問型家庭教育支援を行う支援員としての知識やスキルを身に付けることを目的に、年3回開催しています。

 

 第2回目となる今回は、午前中に「幼児をもつ保護者へのアプローチ」と題して社会福祉法人白光福祉会の石橋豊美氏からの講義と、福祉相談センター中央児童相談所大内邦明氏と同日立児童分室の大和田紀保氏から「児童相談所との連携」と題した講義を行いました。

 

 午後は、筑波大学大学院人間総合科学研究科の杉江征教授から「傾聴スキルを取得しよう」と題して、講義・演習を行いました。

 

 参加者に行った受講後のアンケートでは、「実際に支援している中で分からないことを、石橋先生の講話からたくさん学べた。また、虐待の対応等、児童相談所の仕組みが理解でた。杉江先生の研修内容も、とても参考になった」「今回の『傾聴スキル取得』は、支援員として大変役立つ研修だった。“話を聞くポイント”“聴く”ということを、もう一度検討して実践に役立てたいと感じた」「児童相談所との連携の講義では、漠然と児童相談所について知っていただけだったので、児童相談所との連携の仕方について理解を深めることができた」などの感想が挙げられました。

 

 今後も、地域社会全体で子どもたちを守り育てるという考えに基づき、家庭教育の支援を通じて子どもの育ちを支えていく事業として展開していきます。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 就学前教育・家庭教育推進室[県庁舎23階]

電話 029-301-5132  FAX 029-301-5134

E-mail shugaku@pref.ibaraki.lg.jp