茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県埋蔵文化財センターいせきぴあ茨城で、「わくわく体験教室『縄文土器をつくろうⅡ』」を開催しました

フォトニュース

県埋蔵文化財センターいせきぴあ茨城で、「わくわく体験教室『縄文土器をつくろうⅡ』」を開催しました

 

 

まず最初に土器の底の大きさを決めます
▲まず最初に土器の底の大きさを決めます

 

太さが均一な粘土ひもを作るのが大変です
▲太さが均一な粘土ひもを作るのが大変です

 

粘土の接合部分は、後で剥がれないようしっかりつけます
▲粘土の接合部分は、後で剥がれないようしっかりつけます

 

平成30年9月6日掲載

 

 8月19日(日曜日)、茨城県埋蔵文化財センターいせきぴあ茨城で、

「わくわく体験教室『縄文土器をつくろうⅡ』」を開催しました。「わくわく体験教室」は、平成29年度より年8回、日曜日に県内の小・中学生を対象に開催しています。

 

 平成30年度第4回目となる今回は「縄文土器をつくろうⅡ」と題し、野焼き用に調合した粘土2kgを用いて、縄文土器を制作しました。ヤツデの葉を敷き、その上に粘土ひもを重ね合わせて形を作り、最後に前回作成した縄文原体で、縄目模様をつけて仕上げました。

 

 参加した子どもたちからは、「粘土の乾くのが早くて形を作るのが難しかったけど、デザインどおりの縄文土器ができてとてもうれしい」「縄文人のすごさがよく分った」などの声が聞かれました。また、親子で一生懸命協力して土器作りに取り組む姿が見られました。

 

 制作した縄文土器は、約3カ月間乾燥後、12月2日(日曜日)に実施する「縄文土器をつくろうⅢ」で実際に野焼きする予定です。

 

 次回は9月9日(日曜日)、「水戸城跡をたんけんしよう」と題し、水戸城跡の発掘現場や大手門跡付近を歩いて散策し、最後に弘道館を見学して講話や説明をいただき、江戸時代の水戸城をさぐっていきます。

 

  いよいよ縄文の模様ををつけます

  ▲いよいよ縄文の模様ををつけます

 

お問い合わせ

〒311-4325 茨城県東茨城郡城里町北方1481 茨城県埋蔵文化財センター

電話 029-289-3300  FAX 029-289-4545

E-mail isekipia@pref.ibaraki.lg.jp