茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > つくば市立豊里中で「早寝早起き朝ごはん推進校事業」の食育講習会を実施しました

フォトニュース

つくば市立豊里中で「早寝早起き朝ごはん推進校事業」の食育講習会を実施しました

 

 

野菜ソムリエの講話
▲野菜ソムリエプロの講話

 

グループごとに調理
▲グループごとに調理

 

朝ごはんの献立
▲朝ごはんの献立

 

みんなで試食
▲みんなで試食

 

平成30年9月3日掲載

 

 8月8日(水曜日)、10日(金曜日)、つくば市立豊里中で、部活動ごとの食育講習会を実施しました。講師として、野菜ソムリエプロの田野島万由子先生、実習支援として、つくば市食生活改善推進員の皆様に参加していただきました。また、JAつくば市のご協力で、地場産の農産物を提供していただきました。

 

 つくば市立豊里中学校は、国立青少年教育振興機構より、平成30年度の「早寝早起き朝ごはん推進校」に採択され、「生活習慣の確立から始める“夢”実現プロジェクト~学力向上及び体力・競技力向上をめざした健康づくり~」をテーマに掲げ、「小中一貫教育」「スポーツ栄養」の視点を加えて、「早寝早起き朝ごはん」推進活動に取り組んでいます。

 生徒達は朝ごはんの献立「卵料理」「チキンと玉ねぎのマリネサラダ」「夏野菜とわかめの味噌汁」を調理し、試食しました。また食生活改善推進員さんが調理した「ナスの簡単めんつゆマリネ」「ピーマンの韓国風マリネ」「豚肉のゴーヤチャンプルー」「梨」などを試食しました。卵料理では、夏野菜を使い、フライパンで調理するものを事前課題としたので、当日は、創意工夫をこらしたオムレツやスープ、卵焼き等の料理が並びました。

 

 試食後の振り返りでは、「自分で作ると、美味しく感じた」「不安だったけど、作ることができて楽しかった」「同じ食材でも全然違うものができたので、ワクワクした」「料理は大変だけど、食べるときは幸せになる」などの感想がよせられ、副菜の野菜についても「美味しく食べることができた」とおかわりする生徒が続出していました。

 

 今後は、生徒自身が学んだ知識を取り入れながら、望ましい生活習慣を確立していけるように、「早寝早起き朝ごはん」の着実な定着化を目指していきます。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 就学前教育・家庭教育推進室[県庁舎23階]

電話 029-301-5132  FAX 029-301-5134

E-mail shugaku@pref.ibaraki.lg.jp