茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県南生涯学習センターが「土浦キララまつり」に参加し、ボランティアの実践活動を行いました

フォトニュース

県南生涯学習センターが「土浦キララまつり」に参加し、ボランティアの実践活動を行いました

 

 

金砂郷小学校4年生と5年生を対象とした授業の様子
▲約400人の来場者があり、どのコーナーも大賑わいとなりました。

 

来場した子どもたち全員にプレゼントしたセンター特製缶バッチ
▲来場した子どもたち全員にプレゼントしたセンター特製缶バッチ

 

「チャレンジランキング」のコーナー
▲「チャレンジランキング」のコーナー

 

「マイうちわを作ろう!」のコーナー
▲「マイうちわを作ろう!」のコーナー

 

平成30年8月15掲載

 

 8月4日(土曜日)、県南生涯学習センターが「土浦キララまつり」に特設ブースを設け、ボランティア活動を行いました。これは、センターの2つの事業「ヤングボランティアセミナー」と「エンジョイホリデー」における実践活動として行ったものです。

 

 当日は、子どもやその保護者など約400人の来場者があり、「ヤングボランティアセミナー」では、高校生58人がそれぞれのブースに分かれて「みんなで遊ぼう!チャレンジランキング(チャレラン)」などで子どもたちに遊びの指導を行い、ボランティア活動を体験しました。

 

 また、「エンジョイホリデー」では、「マイうちわを作ろう!」「パラスポーツ体験(ボッチャ)」など5つのコーナーを企画するとともに、来場者した子どもたち全員に当センター特製の缶バッジをプレゼントしました。

 

  「ヤングボランティアセミナー」は今回が最終回のため、体験活動の終了後、これまでの振り返りを行い、最後に本センター所長より修了証書を授与しました。

 

 参加した高校生からは、「グループ活動を通してもっとコミュニケーション能力を身につけていこうと思いました。また、ボランティア活動を経験された大学生の方たちからも多く学べることがあったので、今後にも生かしたいです」「最初は緊張や不安でなかなか小さい子供と話したり、チャレランの説明をしたりすることができなかったが、徐々に慣れて、子供や一緒にボランティア活動をした他校の人と会話を楽しんですることができ、知らない人とコミュニケーションをとるいい経験になったと思います。今後この経験を活かして、他の活動をしていきたいと思います」などの感想があり、ボランティア活動を体験することで、これからのボランティア活動への意欲や関心を示す高校生が多くみられ、充実した「ヤングボランティアセミナー」になりました。

 

 「ヤングボランティアセミナー」修了証書を持って集合写真

 ▲「ヤングボランティアセミナー」修了証書を持って集合写真

内容に関するお問い合わせ
施設名 県南生涯学習センター
連絡先 029-826-1101

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp