茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立太田第二高校で平成30年度被災地ボランティア活動を実施しました

フォトニュース

県立太田第二高校で平成30年度被災地ボランティア活動を実施しました

 

 

あおい西集会所に到着
▲あおい西集会所に到着

 

クイズや歌等の発表
▲クイズや歌等の発表

 

マッサージをしながら交流
▲マッサージをしながら交流

 

平成30年8月6日掲載

 

 7月26日(木曜日)、太田第二高校で希望生徒を対象に、被災地ボランティア活動を行いました。この活動は、一人一人が輝く活力ある学校づくり推進事業を活用した、「地域交流推進プロジェクト」の一講座です。

 

 東日本大震災の被災地を訪問し、ボランティア活動をとおして、奉仕の精神を育成するとともに、現地の方々と交流することで、人と人との絆の大切さを理解することを目的としています。この活動は平成30年度で5年目を迎え、43名の生徒が参加しました。

 

 事前指導として、茨城女子短期大学表現文化学科の塙雅文教授をお迎えし、ボランティア活動に関する講話や、現地の方との交流で発表する内容について助言をいただきました。当日は、宮城県東松山市のあおい西集会所で、グループによるクイズや歌等の発表をとおして交流をはかりました。また、石巻市立旧大川小学校跡地を見学し、慰霊碑に黙禱を捧げ、一人一人線香を手向けました。

 

 参加した生徒からは、「震災(津波)の恐ろしさを実感した」、「命の大切さを感じることができた」、「現地の方との交流で勇気や元気をもらった」、「今生きているありがたみを再確認できた」などの感想が聞かれました。

 

 今後は、この貴重な体験をもとに、命の大切さやボランティア精神の更なる育成に努めていきたいと思います。

 

 水難者慰霊碑への黙禱

 ▲水難者慰霊碑への黙禱

内容に関するお問い合わせ
学校名 太田第二高校
連絡先 0294-72-2136

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp