茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 第1回保幼小接続コーディネーター養成研修が行われました

フォトニュース

第1回保幼小接続コーディネーター養成研修が行われました

 

 

講話の様子
▲講話の様子

 

研究協議の様子
▲研究協議の様子

 

研究協議内容の報告
▲研究協議内容の報告

 

平成30年7月17日掲載

 

 6月4日(月曜日)から7月3日(火曜日)にかけて、県内5地区で、平成30年度第1回保幼小接続コーディネーター養成研修を開催しました。県内の国公立の特別支援学校及び小学校のコーディネーター499名と、各市町村の幼児教育アドバイザー等23名が参加しました。

 

 この研修は、小学校において幼児期を踏まえた教育の実践及び幼児教育の理解促進、保幼小の接続に向けた取組の連絡・調整等で中心的な役割を担う方に対し、今後の更なる取組の充実に向けた資質向上を図ることを目的としております。

 

 研修前半では、就学前教育・家庭教育推進員から「保幼小の連携・接続に向けて」及び「茨城県の家庭教育支援関連事業」についての講話を行い、後半では各グループに分かれて研究協議を行いました。

 

 研究協議では、各参加者が持参したレポートをもとに、接続の状況や現状について情報交換を行い、共通する課題について協議を行いました。「幼児教育施設が多数ある場合、全てと連携することは難しい」「保幼小の情報交換は大切である。しかし、場の設定や時間的な課題がある」「幼児教育施設との交流がほとんどない。今後校内研修を通して幼児教育の理解を図っていく必要がある」などの意見が出されました。

 

 受講後のアンケートでは、「具体的な内容が多く分かりやすかった」「他校の実践を知ることができ、参考になった」「多忙なこともあり、新しい取組を入れることは少々難しさもある。コーディネーター一人で対応するのではなく、管理職も含めて組織で取り組めるようにしていきたい」などの感想が挙げられました。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 就学前教育・家庭教育推進室[県庁舎23階]

電話 029-301-5132  FAX 029-301-5134

E-mail shugaku@pref.ibaraki.lg.jp