茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 第100回全国高等学校野球選手権茨城大会が水戸市民球場で開幕しました

フォトニュース

第100回全国高等学校野球選手権茨城大会が水戸市民球場で開幕しました

 

 

行進する生徒たち
▲行進する生徒たち

 

柴原教育長から球児たちにエール
▲柴原教育長から球児たちにエール

 

仁志敏久さんによる始球式
▲仁志敏久さんによる始球式

 

佐竹-海洋 開幕試合の様子
▲佐竹-海洋 開幕試合の様子

 

平成30年7月10日掲載

 

 7月7日(土曜日)、第100回全国高等学校野球選手権記念茨城大会が水戸市民球場で開幕しました。

 

 開会式では、大洗高校マーチングバンド部ブルーホークスが式典音楽を奏でる中、歴代の茨城代表校20校の校旗を持った選手に続き、102校98チームの選手たちが、声を張り上げ、きびきびとした動作で入場しました。

 

 清真学園の白鳥主将による選手宣誓に続いて、常総学院から甲子園に出場し、プロ野球選手として巨人で活躍した仁志敏久さんによる始球式が行われました。スーツ姿のまま大きく振りかぶり、キャッチャーミットに収まったボールの球速が103キロを記録すると、場内から大きな歓声が上がりました。

 

 始球式を終えて、仁志さんからは、「学びの基点となる重要な時間」を過ごす生徒達へエールが送られました。

 

 また、ベンチ裏では、昨夏にボールの盗難被害に遭った際、仁志さんからボール11ダースの寄附を受けた県立日立北高校の野球部員が、仁志さんに直接感謝の言葉を伝えました。仁志さんの激励を受けた上遠野主将からは、「感謝の気持ちを込めて、全員で楽しく最高の笑顔でプレーしたい」と意気込みを聞くことができました。

 

 大会は、開幕試合として行われた県立佐竹高校と県立海洋高校の試合に引き続き、6球場で7月25日(水曜日)まで行われ、優勝校は8月5日(日曜日)から甲子園で行われる第100回全国高等学校野球選手権記念大会に本県代表として出場します。

 

 今年も高校球児達の夏が、はじまりました。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5148・5152(調査・広報担当)  FAX 029-301-5139

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp