茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立玉造工業高校の3年生が玉造第三保育園で「保育実習」を行いました

フォトニュース

県立玉造工業高校の3年生が玉造第三保育園で「保育実習」を行いました

 

 

「さあ、いただきます」優しく手を添えて支えます
▲「さあ、いただきます」優しく手を添えて支えます

 

「はい、手をパンパンして跳ぼうね!」一緒に跳ぶ練習です
▲「はい、手をパンパンして跳ぼうね!」一緒に跳ぶ練習です

 

「大丈夫?」保育士さん役がすっかり板に付いています
▲「大丈夫?」保育士さん役がすっかり板に付いています

 

平成30年6月12日掲載

 

 6月7日(木曜日)、玉造工業高校の3年生が、玉造第三保育園において、「保育実習」を行いました。この活動は、選択科目として「子どもの発達と保育」の授業を取っている生徒を対象に、授業で学んだ内容を実体験するとともに異年齢の子どもたちと触れ合いながらコミュニケーション能力を伸ばすことを目的として毎年開催されているものです。今回は、2名の女子生徒が参加しました。

 

 ジャージ姿で保育園に登園した生徒たちは、それぞれ年少、年中さんの園児たちに混じって一緒に活動していました。年少さんの教室では、食事の介助も経験しました。一方、年中さんの教室では、梅雨の晴れ間を利用して園庭で跳び箱を活用した運動のお手伝いをしました。園児たちとすっかり仲良しになり、いつも以上の笑顔で活動しているのが印象的でした。

 

 今回の実習に参加した生徒たちからは、「先生方がてきぱきと行動し、困っている子どもへの言葉のかけ方が勉強になりました」、「0歳児が倒れそうになりながらも私の元へ笑顔で歩いてきてくれて嬉しかった。将来の夢にいかせるような体験ができて良かった」という感想が寄せられました。

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 玉造工業高校
連絡先 0299-55-0138

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp