茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立常陸大宮高校で「いのちの大切さを学ぶ教室」を実施しました

フォトニュース

県立常陸大宮高校で「いのちの大切さを学ぶ教室」を実施しました

 

 

いのちの大切さについて学びます
▲いのちの大切さについて学びます

 

質疑も活発です!
▲質疑も活発です!

 

講師の先生へお礼の言葉
▲講師の先生へお礼の言葉

 

平成30年6月12日掲載

 

 6月5日(火曜日)、常陸大宮高校で「いのちの大切さを学ぶ教室」を実施しました。

 

 この教室は、犯罪被害者やその家族の現状について学び、自分や他人の命の大切さを考え、「いじめや暴力をしない」、「罪を犯さない」等、規範意識の高揚を目的に実施したものです。茨城県警察本部および大宮警察署から講師の先生を招き、1年生全員で熱心に聞くことができました。

 

 まず、SNSを利用する上において注意する点を学び、具体的な犯行の手口について説明を受けました。自分達が加害者および被害者にならない利用方法を確認することができました。

 

 次に、犯罪被害について、直接的被害・二次的被害、被害後に起こりやすい心と体の変化についての説明を受けました。また、被害者に対する接し方についても学びました。

 

 犯罪被害者支援について学ぶとともに、自分が被害にあったときどうすればよいか、被害にあうリスクを下げるために何に注意すべきか等を確認でき、とても学ぶことが多い教室でした。

 

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 常陸大宮高校
連絡先 0295-52-2175

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp