茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立常陸大宮高校生が、企業技術者からIoTに関する実践について学びました

フォトニュース

県立常陸大宮高校生が、企業技術者からIoTに関する実践について学びました

 

 

アプリの説明を受ける
▲アプリの説明を受ける

 

アプリ開発を体験
▲アプリ開発を体験

 

グループ演習
▲グループ演習

 

平成30年6月5日掲載

 

 5月25日(木曜日)、常陸大宮高校情報技術科の生徒が、日本アイ・ビー・エム株式会社の技術者からIoT(あらゆる「もの」がインターネットにアクセスでき、「もの」を通じて得られた情報を用いて生活等を便利にすること)に関する実践について学びました。

 

 授業ではインターネットを介し、黒板消しやピストンシリンダーから得られたデータを解析するアプリケーションの体験や、IoTを活用したアプリケーションソフトの開発、IoTが今後社会へもたらす影響などを学習しました。

 

 学習テーマである「君のアイディアで社会が変わる!?あらゆるものがインターネットにつながるIoTって?」を基に、2、3年情報技術科36名が授業を受けました。

 

 普段、ITについて学んでいる生徒は、「私たちが学んでいるIT技術が、具体的にどのような形で人々の役に立っているのかを学ぶことができ、大変貴重な授業をしていただきました」と 感想を述べてくれました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 常陸大宮高校
連絡先 0295-52-2175

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp