茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 東海村立中丸小学校において、スタートカリキュラムの実践発表が行われました

フォトニュース

東海村立中丸小学校において、スタートカリキュラムの実践発表が行われました

 

 

教育長の業間休みの参観の様子
▲教育長の業間休みの参観の様子

 

1年生担任の読み聞かせの様子
▲1年生担任の読み聞かせの様子

 

教育長と1年生の給食の様子
▲教育長と1年生の給食の様子

 

平成30年5月23日掲載

 

 4月19日(木曜日)、東海村立中丸小学校において「就学前教育・家庭教育推進のための市町村モデル事業」におけるスタートカリキュラムの実践発表が行われました。

 

 柴原教育長をはじめ、県教育委員、他のモデル市町村担当者、東海村内の小学校と幼児教育関係者等、多くの関係者の参加のもと、幼児期の「育ち」や「学び」と小学校の「学び」とをなめらかにつなぐための実践が公開されました。

 

 学びの基礎力を育成するために「学びに向かう力」「生活上の自立」「心の成長」を意識した、朝や業間休みの活用、環境構成等の工夫、授業の導入場面での特色ある取組が見られました。幼児期の経験を効果的に取り入れ、指示的な言葉を少なくすることにより、子どもたちは安心して生き生きと活動していました。また、教育長と1年生との給食では、温かな雰囲気の中でおいしそうに食べている姿が印象的でした。

 

 協議では、「保幼小における幼児と児童の交流、職員相互の交流がすばらしい」「できることを認めて伸ばす教育の実践により、子どもたちが笑顔で積極的に活動している」「教育は技術と思いが大切である」等の感想や意見が交わされました。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 就学前教育・家庭教育推進室[県庁舎23階]

電話 029-301-5132  FAX 029-301-5134

E-mail shugaku@pref.ibaraki.lg.jp