茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  フォトニュース   > 県西生涯学習センターが、平成29年度おもしろ理科先生デモンストレーション事業「なるほど!お天気実験室」を行いました

フォトニュース

県西生涯学習センターが、平成29年度おもしろ理科先生デモンストレーション事業「なるほど!お天気実験室」を行いました

 

 

虹が見える角度を探す子ども達
▲虹が見える角度を探す子ども達

 

地球の回り方を知ると台風の仕組みがよく分かる
▲地球の回り方を知ると台風の仕組みがよく分かる

 

上昇気流と風の流れを作り竜巻を再現
▲上昇気流と風の流れを作り竜巻を再現

 

平成30年2月7日掲載

 

 2月3日(土曜日)、県西生涯学習センターにおいて、平成29年度おもしろ理科先生デモンストレーション事業「なるほど!お天気実験室」が開催され、県西管内の小学生26名が参加しました。

 

 おもしろ理科先生派遣事業デモンストレーションとは、おもしろ理科先生派遣事業を県民一般に広報するためにデモンストレーションを実施して、おもしろ理科先生派遣事業の利用の促進を資するために開催しています。今回は、気象予報士の瀧家透先生をお招きして、「なるほど!お天気実験室」を実施しました。

 

 講師が作成した実験器具を使い、気圧や雲、雪や虹、竜巻など7種類の実験を行いました。台風の実験では、まず北半球と南半球のそれぞれの動きをビー玉を転がして、どのように影響を受けるのか実験をしました。次にドライアイスを入れ、煙が渦巻きになる様子を観察し、子どもたちからは「わーっ」と驚きの声があがりました。大きな実験装置を使う竜巻の実験では、児童たちがお互いに声をかけ協力しあう様子も見られました。

 

 児童からは「とても楽しく天気のことが学べた」、「学校でならってないことでもとても分かりやすかった」などの感想がありました。

 

 様々な天気の仕組みを再現する講師の発想に、見学者や保護者も興味津々の様子で、おもしろ理科先生派遣事業について広く知っていただけるきっかけとなりました。

 

 休憩時間にも実験にチャレンジする子ども達

 ▲休憩時間にも実験にチャレンジする子ども達

内容に関するお問い合わせ
施設名 県西生涯学習センター
連絡先 0296-24-1151

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp