茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > プロボクサーの富施郁哉選手が知事を訪問しました

フォトニュース

プロボクサーの富施郁哉選手が知事を訪問しました

 

 

知事との歓談の様子1
▲知事との歓談の様子1

 

知事との歓談の様子2
▲知事との歓談の様子2

 

知事との記念撮影
▲知事との記念撮影

平成30年2月6日掲載

 

 1月31日(水曜日)、笠間市出身の19歳のプロボクサー、富施 郁哉(ふせ ふみや)選手(ワタナベジム所属)と関係者が県庁を訪れ、大井川知事に全日本新人王獲得を報告しました。

 

 富施選手は、平成29年12月23日に東京・後楽園ホールで行われた第64回全日本新人王決定戦のバンタム級において、4回TKOで勝利を収め、プロ転向から5戦全勝で全日本新人王に登り詰めました。

 

 富施選手がボクシングを始めたのは、水戸桜ノ牧高等学校常北校で、小学校1年生から習っていた空手で培った瞬発力と中学校の陸上部で培った足腰の強さを活かし、軽快なフットワークで相手を翻弄しながら鋭いパンチを打ち込む、アウトボクシングのサウスポースタイルで勝利を収めてきました。

 

 富施選手は「ボクシングは、相手と拳を交わす緊張感とスリル、そして、勝利した瞬間の喜びがとても魅力的です」とボクシングに対する思いを述べました。また、「まずは日本タイトル獲得に向け努力し、その後は、バンタム級での世界チャンピオンを目指して一生懸命頑張ります」と今後の目標を力強く述べました。

 

 大井川知事は「新人王をひとつの通過点として、これからも努力を重ね、是非、世界チャンピオンになってください」と激励しました。

 

 富施郁哉選手の今後の活躍を期待いたします。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 保健体育課[県庁舎23階]

電話 029-301-5361(スポーツ推進室)  FAX 029-301-5369

E-mail hotai@pref.ibaraki.lg.jp