茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立常陸大宮高校商業科の生徒が、西ノ内紙紙すき体験を行いました

フォトニュース

県立常陸大宮高校商業科の生徒が、西ノ内紙紙すき体験を行いました

 

 

講義の様子
▲講義の様子

 

講義を受ける生徒たち
▲講義を受ける生徒たち

 

紙すき体験
▲紙すき体験

 

平成29年12月26日掲載

 

 12月19日(火曜日)、常陸大宮高校商業科の生徒が、一人一人が輝く活力ある推進事業の一環として西ノ内紙紙すき体験を実施しました。

 

 本講座の目的は、地元常陸大宮市の特産品である国・県無形文化財の指定を受ける「西ノ内和紙」の伝統的な製法について体験活動を通して理解を深め、郷土を愛する心を育むことです。

 

 講義において、伝統的な和紙の現代社会との融合の事例等を聴くことにより、生徒からは「広告と販売促進などの授業における商品開発の際のアイディアにつながると感じた」「販売実習などで商品を開発するときに,参考にしてみたいデザインなどが思いついた」などの感想がありました。体験は笑顔に溢れ、真剣に取り組んでいました。

 

 水切り作業の様子

 ▲水切り作業の様子

 

 乾燥作業の様子

 ▲乾燥作業の様子

内容に関するお問い合わせ
学校名 常陸大宮高校
連絡先 0295-52-2175

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp