茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立玉造工業高校の3年生が玉造第三保育園で「保育実習」を行いました

フォトニュース

県立玉造工業高校の3年生が玉造第三保育園で「保育実習」を行いました

 

 

「ねえ、なまえ何て言うの?」打ち解けています
▲「ねえ、なまえ何て言うの?」打ち解けています

 

「その名札いいなあ」玉工生手作りの名札に興味津々
▲「その名札いいなあ」玉工生手作りの名札に興味津々

 

「この手はなーんだ?」お兄さんの手元に集中
▲「この手はなーんだ?」お兄さんの手元に集中

 

平成29年12月25日掲載

 

 12月15日(金曜日)、玉造工業高校の3年生が、玉造第三保育園において、「保育実習」を行いました。この活動は、選択科目として「子どもの発達と保育」の授業を取っている3年の生徒を対象に、保育園で園児たちと一日過ごしながら授業で学んだ内容を実体験するとともに異年齢の子どもたちと触れ合いながらコミュニケーション能力を伸ばすことを目的として毎年開催されているものです。今回は、2名の男子生徒が参加しました。

 

 ジャージ姿で保育園に登園した生徒たちは、年長さんの教室に入ると、園児たちに混じって小さな椅子に座り、先生の話に耳を傾けました。

 

 朝の会では、元気に歌ったり踊ったりする園児たちになかなかついて行くことができませんでした。次の活動は、なんとネイティブの先生を迎えての英会話!生徒たちは緊張した表情でしたが、クリスマス装飾の製作と知って、ほっと一安心。園児からハサミを借りながら仲良く作業を進めることができました。

 

 今回の実習に参加した生徒たちからは、「園児たちがとても元気で、自分も子どもの時はこうだったのかなあと思いました」「最初はできるかどうか不安だったけれど、子どもたちの方から打ち解けてくれたので取り組みやすく、ためになる実習でした」という感想が寄せられました。

 

 「ねえ、これ見てー!」すっかり園児たちと仲良し

 ▲「ねえ、これ見てー!」すっかり園児たちと仲良し

内容に関するお問い合わせ
学校名 玉造工業高校
連絡先 0299-55-0138

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp