茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > ラオスの子どもたちに手作り絵本を届けたい!県立竜ヶ崎第二高校で「道徳」ゲストティーチャーおよび家庭クラブ講演会を実施しました

フォトニュース

ラオスの子どもたちに手作り絵本を届けたい!県立竜ヶ崎第二高校で「道徳」ゲストティーチャーおよび家庭クラブ講演会を実施しました

 

 

講演会の様子
▲講演会の様子

 

ラオス語に翻訳された絵本
▲ラオス語に翻訳された絵本

 

「茨城アジア教育基金」を支える会の方々と
▲「茨城アジア教育基金」を支える会の方々と

 

平成29年12月25日掲載

 

 12月15日(金曜日)、竜ヶ崎第二高校1学年「道徳」の授業におけるゲストティーチャーおよび竜ヶ崎第二高校家庭クラブの講演会として、「茨城アジア教育基金」を支える会の会長 長谷川典子氏、事務局の舩山悦子氏、井川健一氏を迎え、会が支援を行っているラオスについて、国の成り立ちや教育事情について、講演していただきました。

 

 竜ヶ崎二高家庭クラブでは、平成29年度より、学力向上推進事業の一環として、児童向けプレゼンテーション作成ソフト「ピッケのつくるプレゼンテーション」で絵本を作成し、ラオスの子どもたちに送る活動を実践しています。

 

 生徒が製作した絵本の翻訳や橋渡しを「茨城アジア教育基金」を支える会が支援してくださることになりました。それを契機として、今回の企画は、国際理解と国際交流の場を提供する目的で、1学年の「道徳」と家庭科「子どもの発達と保育」のクロスカリキュラムとして、1学年と家庭クラブの共同主催という形で実施されました。

 

 現地を知る方から直接講演を頂けるということで、1学年生徒および人間文化科家庭クラブの生徒たちは、絵本を送る国「ラオス」についての理解を深める場として、とても貴重な講演会となりました。

 

 家庭クラブでは、1月に「ピッケのつくるプレゼンテーション」制作者の朝倉民枝氏が2度目の来校でご講義くださる予定です。絵本の完成にむけ、活動を続けます。

 

<関連情報>

内容に関するお問い合わせ
学校名 竜ヶ崎第二高校
連絡先 0297-62-3078

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp