茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立明野高校が明野中学校で出前授業を行いました

フォトニュース

県立明野高校が明野中学校で出前授業を行いました

 

 

国語:折り句作りに挑戦
▲国語:折り句作りに挑戦

 

数学:オイラーの多面体定理とは?
▲数学:オイラーの多面体定理とは?

 

英語:音楽で英語を学ぼう
▲英語:音楽で英語を学ぼう

 

理科:11円電池を作ろう
▲理科:11円電池を作ろう

 

社会:クイズで学ぶ天皇制
▲社会:クイズで学ぶ天皇制

 

平成29年12月6日掲載

 

 11月28日(火曜日)、明野高校が、筑西市立明野中学校で2学年を対象に出前授業を行いました。出前授業は、平成15年度から実施しており、中学生に教科への興味や関心を高めてもらうのとともに、明野高校教員が中学生との交流を深め指導方法の改善を図ることを目的としています。明野高校では、明野中学校区小中一貫教育推進協議会に加わり、幼小中高校の連携に取り組んでいます。

 

 今年は、国語・数学・英語・理科・社会・家庭・商業の7教科で実施しました。国語では、「折り句」作りを行い、イラストを添えた作品を皆で鑑賞しあいました。数学では、「多面体」に触れることで、多面体に共通な定理を発見する授業を行いました。英語では、海外アーティストの歌を聴きながら、英語の世界に触れ、世界の共通語としての英語を学びました。理科では、身近なものを使って「電池」を作り、電池のしくみを考えました。社会では、「天皇制」を取り上げ、歴史上の天皇の役割や今後の天皇制の展望などを学習しました。家庭では、実習を通し「寒天」の特徴や扱い方を学んでもらいました。商業では、表計算ソフト「Excel」を用い関数で集計を行う方法に取り組みました。

 

 授業後のアンケートには、「わかりやすく、楽しく授業に参加することができた」「知らなかったことを知ることができてうれしかった」などの感想や「英語の聞き取りの難しさを改めて実感した」「数学では、オイラーの多面体定理などを発見する楽しみを教わった」「「いろんな電池を生み出せる方法があることにびっくりした」など、教科への興味・関心がより高まったという回答もありました。

 

 家庭:美味しく学びましょう

 ▲家庭:美味しく学びましょう

 

 商業:情報処理の第一歩

 ▲商業:情報処理の第一歩

内容に関するお問い合わせ
学校名 明野高校
連絡先 0296-52-3121

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 特別支援教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5280(指導担当)  FAX 029-301-5289

E-mail tokukyo@pref.ibaraki.lg.jp