茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立太田第二高校生徒が特別支援学校生徒と「交流学習」を行いました

フォトニュース

県立太田第二高校生徒が特別支援学校生徒と「交流学習」を行いました

 

 

交流学習はじめの会の様子
▲交流学習はじめの会の様子

 

太田二高生による「カップス」
▲太田二高生による「カップス」

 

交流学習Ⅰ 缶バッチ制作
▲交流学習Ⅰ 缶バッチ制作

 

交流学習Ⅱ クラフト作業の体験(紙加工)
▲交流学習Ⅱ クラフト作業の体験(紙加工)

 

平成29年12月7日掲載

 

  11月24日(金曜日)、太田第二高校商業科3年生18人が、常陸太田特別支援学校を訪問し、高等部の皆さんと交流学習を行いました。

 

 始まりの会では、お互いの学校を紹介し、太田二高生全員で、リズムに合わせて「カップス」を披露し、だんだんと打ち解けていきました。

 

 交流学習Ⅰでは、缶バッチ制作を行いました。太田二高生と、常陸太田特別支援学校生が2人1組のグループになり、アイディアを出し合いながら力を合わせて作りました。できあがった缶バッチを持ちグループごとに記念撮影をしました。

 

 交流学習Ⅱでは、常陸太田特別支援学校のクラフト班の作業体験をしました。紙加工班はポチ袋・コースター作り、つる加工班はキーホルダー作り、紙バック加工班は紙バック作りを体験しました。常陸太田特別支援学校生の説明により、太田二高生も体験させていただきました。

 

 両校生徒とも大変仲がよくなり、有意義な交流学習をすることができました。参加した太田二高生徒から「大変貴重な体験をすることができ、ありがとうございました。とても楽しく交流学習をすることができました。今日の経験をこれからに活かしたいと思います」と感想がありました。

 

 今後も両校の交流を深めていきたいと思います。常陸太田特別支援学校の皆様、ありがとうございました。

 

 交流学習Ⅱ クラフト作業の体験(紙バック加工)

 ▲交流学習Ⅱ クラフト作業の体験(紙バック加工)

 

 クラフト作業の体験で両校生協力により出完成した缶バッチクラフト作業の体験で両校生協力により出完成したキーホルダー

 ▲クラフト作業の体験で両校生協力により出完成した作品

内容に関するお問い合わせ
学校名 太田第二高校
連絡先 0294-72-2136

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp