茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  フォトニュース   > 県北生涯学習センターが、提案講座「親子deネイチャー冒険隊」を開催しました

フォトニュース

県北生涯学習センターが、提案講座「親子deネイチャー冒険隊」を開催しました

 

 

カレーの準備 タマネギに泣かされる
▲カレーの準備 タマネギに泣かされる

 

飯盒のご飯も炊けて、あとは食べるばかり
▲飯盒のご飯も炊けて、あとは食べるばかり

 

大グモの巣にひっかからないように歩く
▲大グモの巣にひっかからないように歩く

 

落ちないように、丸太の橋わたり
▲落ちないように、丸太の橋わたり

 

平成29年11月29日掲載

 

 11月19日(日曜日)、県北生涯学習センターが、平成29年8月にオープンした「『大和の森』高萩スカウトフィールド」を会場に、提案講座「親子deネイチャー冒険隊」を開催しました。

 

 対象は、小学校1~3年の子どもたちとその保護者。50組109名の応募をいただき抽選の結果19家族42名が集まりました。すばらしい冬晴れの中、午前中は冷たい北風が吹きましたが、参加した子どもたちは元気いっぱい。さすが「子どもは風の子」です。

 

 ボーイスカウトの指導の下、お父さんたちのかまど作りから飯盒炊爨でしたが、初めてなのに失敗のないご飯が炊き上がりました。子どもたちが切った野菜で作ったおいしいカレーライスの昼食の後は、「コロビットの森」での冒険です。絵本の世界が森の中に再現され、大きなクモの巣、丸太の橋など、いろいろな困難をのりこえて、森のレストランでは木の実や枯葉を使った創作料理を作り、最後は暗号の謎解きに挑戦しました。暗号が解けたごほうびのおやつ、焼きマシュマロのクッキーサンド「サモア」は、多くの子どもたちが一番楽しかったことに挙げています。

 

 ご協力いただいた日本ボーイスカウト茨城県連盟第一地区協議会の皆さんの頼もしい「現場力」のおかげで、子どもたちからは「楽しかった」「またやりたい」などの声が聞かれ、忘れられない1日になりました。

 

 「森のレストラン」木の実や枯葉で作った料理

 ▲「森のレストラン」木の実や枯葉で作った料理

 

 竹串にマシュマロを刺してあぶる

 ▲竹串にマシュマロを刺してあぶる

内容に関するお問い合わせ
施設名 県北生涯学習センター
連絡先 0294-39-0012

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp