茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立三和高校で「豊かな心に関する意見発表会」が行われました

フォトニュース

県立三和高校で「豊かな心に関する意見発表会」が行われました

 

 

発表の様子1
▲発表の様子1

 

発表の様子2
▲発表の様子2

 

表彰式の様子
▲表彰式の様子

 

平成29年11月14日掲載

 

 11月3日(金曜日)、県立三和高校では、授業公開及び秋季学校説明会、そして「豊かな心に関する意見発表会」が行われました。

 

 この「豊かな心に関する意見発表会」は、平成29年度で15回目を迎える三和高校伝統の行事です。テーマに沿って自分の意見をまとめ発信すること、また他人の考え方や意見を聞くことを通して、自分自身を見つめ直し、人間としての生き方・在り方を探究することを目的として実施しています。

 

 平成29年度は「人間関係を築くために~あのときのつまずきから学んだこと~」をテーマに、各クラスの代表計11名が思い思いの意見を発表しました。

 

 発表終了後、全校生徒と教員が投票して最優秀賞を決めました。その中で、今年は3年4組の中山雄貴さんが発表した「先生がくれたタカラモノ」が最優秀賞に選ばれました。中山さんは、小学生のときのつまずきから救ってくれた1冊の本と、それを勧めてくれた先生のことについて話してくれました。

 

 実施後に行われたアンケートでは、「自分も同じような経験をしたので共感した」、「SNSとの付き合い方、他人との付き合い方についてより気をつけなければならないと感じた」、「言葉を大切に発しなければならない」といった意見が見られました。

 

 平成29年度のテーマは、実体験を元に発表することが前提なので、生徒もより身近にテーマを感じながら発表を聞くことができたと思います。この発表会を生徒それぞれが人間関係について考えてくれる契機にしてもらえたらと思います。

 

内容に関するお問い合わせ
学校名 三和高校
連絡先 0280-76-4959

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 特別支援教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5280(指導担当)  FAX 029-301-5289

E-mail tokukyo@pref.ibaraki.lg.jp