茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立竹園高校で「子育て理解教育」を行いました

フォトニュース

県立竹園高校で「子育て理解教育」を行いました

 

 

緊張した抱っこ体験、うまくいって笑顔がこぼれます
▲緊張した抱っこ体験、うまくいって笑顔がこぼれます

 

男子生徒も上手に抱っこできました
▲男子生徒も上手に抱っこできました

 

月齢当てクイズは意外と難しかったようです
▲月齢当てクイズは意外と難しかったようです

 

ママさんたちのお話をよく聞いていました
▲ママさんたちのお話をよく聞いていました

 

平成29年11月9日掲載

 

 11月1日(水曜日)と2日(木曜日)、竹園高校で、1学年の生徒を対象に「子育て理解教育」を行いました。家庭基礎の授業の活動として、つくば市のNPO法人「ままと~ん」の協力を頂き、高校生が赤ちゃんとふれあう機会を設けました。

 

 事前指導では、保育人形を使った抱っこ練習・離乳食の調理実習・折り紙や手遊びの体験を行い、準備をしてきました。男女ともに、「子育てに積極的に参加したい」と答えていた生徒が非常に多く、実際に赤ちゃんとふれあえるのを楽しみにしていました。

 

 当日は、赤ちゃんを抱っこしたり、ママさんたちから子育てにおける苦労や喜びについて聞いたりして、子育てに対する理解を深めることができました。

 

 生徒たちは、授業を通して様々なことを感じたようで、次のような感想がありました。

  • 「赤ちゃんの体重の分、毎月貯金をしていたママさんがいた。赤ちゃんの成長を歓び、その子の将来を考えているところに心を動かされた」
  • 「2人目のお母さんは男性も積極的に育児に参加してくれているという話がある一方で、1人目の方は言わないと気づいてくれないという話を聞いて、男性の育児への関心は高まっていても理解が不十分なのだと思った」
  • 「小さい子どもをあまり好きではないと思っていたが、見つめられたときに本当にかわいいと思った」
  • 「1歳でも思っている以上に成長していることに驚いた」
  • 「子育てについて大変よりも楽しいのほうが勝る・子どもが笑ってくれると疲れが吹き飛ぶと聞いて将来を前向きに考えられた」

 竹園高校では、学習指導だけでなく、命の大切さを考えたり、子育てへの理解を深めたりして、総合的な人間力を高めていく授業を展開しています。

 

 お忙しい業務の最中にもかかわらず、2日間にわたりご指導くださった、ままと~んの皆様・親子の皆様には大変感謝いたしております。ありがとうございました。

内容に関するお問い合わせ
学校名 竹園高校
連絡先 029-851-7515

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp