茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  フォトニュース   > 県立さしま少年自然の家で、「親子で防災体験キャンプ」が開催されました

フォトニュース

県立さしま少年自然の家で、「親子で防災体験キャンプ」が開催されました

 

 

館内でのテント設営
▲館内でのテント設営

 

家族同士で協力した調理体験(夕食)
▲家族同士で協力した調理体験(夕食)

 

かまどでご飯炊き(お父さん方の協力)
▲かまどでご飯炊き(お父さん方の協力)

 


 

平成29年9月28日掲載

 

 9月16日(土曜日)~17日(日曜日)、さしま少年自然の家で、「親子で防災体験キャンプ」が開催されました。これは、施設のキャンプ用品を貸し出し、親子や家族で手軽にできるテント泊体験や野外調理体験などをとおして、キャンプの楽しさやスキルを学ぶことや防災に関する活動を行うことで防災意識の向上を図ることを目的としています。

 

 今回のキャンプは、31家族129名の応募者の中から抽選により15家族61名が参加しました。

 

 当日は、台風18号の影響による悪天候が予測されるため、雨天時のプログラムを実施し、テントをプレイハウス(体育館)に家族で設営、夕食の調理体験を屋根付き炊飯場にて行いました。夕食の調理体験メニューはカレーライスです。家族同士がグループになりかまどに薪で火をおこし協力体制で活動しました。また、家族ごとにサバメシ(空き缶を利用して炊くご飯)体験や野外救急法体験(Tシャツを使っての包帯作り、毛布活用による担架)も行いました。

 

 参加者からは、「外のテント泊はできなかったが、たくさんの家族と知り合いになれて楽しくすごせました。サバメシは初めての体験でしたがおいしく炊けました」「家族みんなで参加しました。防災についての意識が高まったと思います。いろいろな体験をとおして子どもたちにとってもよい勉強になりました」「家族同士の交流ができ、協力し合うことの大切さを改めて感じました。参加してよかったです」などの感想がありました。

 

 さしま少年自然の家では、平成29年度も子ども向け、または、親子で体験できるイベントを予定しております。詳しくは、さしまのホームページをご覧ください。

 

  サバメシ作り

  ▲サバメシ作り

内容に関するお問い合わせ
施設名 さしま少年自然の家
連絡先 0280-86-6311

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp