茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  フォトニュース   > 県立さしま少年自然の家で、「さしまの森ひよこキャンプ」が開催されました

フォトニュース

県立さしま少年自然の家で、「さしまの森ひよこキャンプ」が開催されました

 

 

テント設営
▲テント設営

 

調理体験
▲調理体験

 

キャンドルナイト
▲キャンドルナイト

 

講話
▲講話

 

平成29年9月12日掲載

 

 9月9日(土曜日)~10日(日曜日)、さしま少年自然の家で、「さしまの森ひよこキャンプ」が開催されました。

 

 これは、施設のキャンプ用品を貸し出し、親子や家族で手軽にできるテント泊体験や野外調理体験などをとおして、キャンプの楽しさやスキルを学ぶことや就学前の幼児や小学校低学年の児童を持つ親を対象とした家庭教育支援のプログラムも盛り込むことにより就学前教育・家庭教育の支援を行うことを目的としています。参加者は、31家族129名の応募者の中から抽選により15家族61名でした。

 

  1日目は、テント設営、夕食の調理体験を行い、夜は家族で作ったエコキャンドルに火を灯しました。テント設営は初めて体験する方がほとんどでしたが、家族みんなで協力し合ってとり組みました。夕食の調理体験のメニューはパスタとステーキです。

 

 どの活動も家族がひとつになって協力体制で活動していました。キャンドルナイトでは廃油を原料にして手作りしたエコキャンドルに火を灯しました。森の中にゆれる幻想的なろうそくの炎を静かに見つめている親子や、初めて出会った参加者同士で談笑し合う様子が見られました。

 

 夜は、森の中に張ったテントでゆっくり休みました。

 

 2日目は、保護者対象に就学前・家庭教育支援プログラムとして、坂東市生涯学習課鈴木忠雄社会教育主事による講話を行いました。

 

 両日ともに天気に恵まれ家族団らん楽しいキャンプになりました。参加者からは、「初めてのテント泊でしたが,楽しくできた。今度は自分でチャレンジしたい」「お父さんとお母さんとステーキがおいしくできてよかったです」「キャンドルナイトはとてもきれいでした。とても心に残りました」「子どもの長所を認め自信をつけさせたいと思います。講師のお話はとてもためになりました」という感想がありました。

 

 さしま少年自然の家では、平成29年度も子ども向け、または、親子で体験できるイベントを予定しております。詳しくは、さしまのホームページをご覧ください。

 

内容に関するお問い合わせ
施設名 さしま少年自然の家
連絡先 0280-86-6311

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp