茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  フォトニュース   > 県立さしま少年自然の家において、「手ぶらで夏の星空観察キャンプ」が開催されました

フォトニュース

県立さしま少年自然の家において、「手ぶらで夏の星空観察キャンプ」が開催されました

 

 

テント設営
▲テント設営

 

野外での食事 ▲野外での食事

 

天体観察1
▲天体観察1

 

天体観察2
▲天体観察2

 

平成29年8月23日掲載

 

 8月12日(土曜日)~13日(日曜日)、さしま少年自然の家で、「手ぶらで夏の星空観察キャンプ」が開催されました。これは、親子や家族で手軽にできるテント泊体験や野外調理体験等の場を提供し、キャンプの楽しさやスキルを学ぶことや、星空の観察を通して天体や宇宙に対する興味・関心を高めるとともに、家族とのふれあいや家族で行う野外体験活動のきっかけ作りをねらいとしています。

 

 今回の手ぶらで夏の星空観察キャンプは、応募者132家族445名の中から抽選により、15家族54名が参加しました。この日は、第4回「星を見る会」も同時開催され、93名の参加者がありました。

 

 キャンプのメインである天体観察では、観察時間に合わせたかのように雲が切れ、たくさんの夏の星や星座を見る事ができました。野外に設置した望遠鏡では、講師の指導の下、主に木星や土星を観察し、土星の環や木星の縞模様や4つの衛星などをはっきりと見る事ができました。また、夏の大三角やうしかい座のアークトゥルス、おおぐま座の北斗七星、さそり座のアンタレスなどの星を指でなぞりながら親子で楽しく観察する姿がみられました。

 

 参加者からは、「初めて土星と木星を見ました。こんなにはっきりと土星の環や木星の縞模様を見る事ができてよかったです」「土星の環には感動しました。写真を見ているようです」「今回のキャンプに参加してよかったです。家族のいい思い出になりました」「初めてのキャンプでしたが、野外調理のカレーもおいしくできとてもよかったです。なによりも星をたくさん観察できてうれしかったです。天体望遠鏡の操作もよく分かりました」などの声がありました。夜は家族で協力して張ったテントでゆっくりと休みました。

 

 さしま少年自然の家では、平成29年度も子ども向け、または、親子で体験できるイベントを予定しております。詳しくは、さしまのホームページをご覧ください。

 

 

内容に関するお問い合わせ
施設名 さしま少年自然の家
連絡先 0280-86-6311

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp