茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  フォトニュース   > 水戸生涯学習センターで、平成29年度体験活動事業「こども合衆国」を開催しました

フォトニュース

水戸生涯学習センターが、平成29年度体験活動事業「こども合衆国」を開催しました

 

 

ナースのおしごと(大成女子高校看護科指導)
▲ナースのおしごと(大成女子高校看護科指導)

 

たたみ職人への道(ミニたたみ作成) ▲たたみ職人への道(ミニたたみ作成)

 

理科実験~不思議なつつの謎を解いてみよう~
▲理科実験~不思議なつつの謎を解いてみよう~

 

木の実で動物を作ろう
▲木の実で動物を作ろう

 

お絵かきロボットをつくろう(茨城県立IT短大指導)
▲お絵かきロボットをつくろう(茨城県立IT短大指導)

 

平成29年8月21日掲載

 

 8月4日(金曜日)、水戸生涯学習センター主催による体験活動事業「こども合衆国」が、ケーズデンキスタジアム水戸で、開催されました。

 

 小学4年生から6年生の271人が参加して、全25講座の中からそれぞれ3講座を体験しました。

 

 子どもたちは、消防士や看護師、たたみ職人などの仕事を体験する講座の中で、「ナースのおしごと」として、大成女子高校看護科指導のもと、ケガをした時の処置や三角巾・包帯を使っての処置の方法を学びました。また、「たたみ職人への道」では、仕事についての話や、畳についての話を聞き、自分だけのミニ畳を作りました。

 

 発泡入浴剤作り、不思議な筒の謎を解く講座などの理科実験では、その不思議な仕組みについて勉強をし、作品作りも行いました。他にも、廃ガラスを使ったり、木の実を使ったりして作品を作り、リサイクルについて学ぶ講座もありました。茨城県立IT短大による「お絵かきロボットをつくろう」講座では、紙コップやペン、モータを使って、お絵かきロボットを作りました。

 

 さらに、体を動かすサッカーやラグビーの運動教室があり、サッカー教室に参加した子どもたちは、水戸ホーリーホックのコーチにサッカーが上手になるコツを教えていただきました。また、茶道講座では、大成女子高校茶道部の皆さんに、お茶の作法について学びました。実際に茶筅を使って自分でお茶を点てる体験もしました。

 

 参加した子どもたちは、「普段学校ではできないことをすることができてこれからの生活に役立てたいと思った」「楽しかった」「みんなと活動できて、色々なことを学べてよかった」「友達もできたのでよかった」「また参加したい」などと笑顔で感想を述べていました。

 

 水戸ホーリーホックサッカー教室

 ▲水戸ホーリーホックサッカー教室

 

 美味しいお茶を召し上がれ(大成女子高等学校茶道部指導)

 ▲美味しいお茶を召し上がれ(大成女子高等学校茶道部指導)

内容に関するお問い合わせ
施設名 水戸生涯学習センター
連絡先 029-228-1313

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp