茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 塚越喜一郎著「二宮尊徳(金次郎)の学び」が小野寺教育長に手渡されました

フォトニュース

塚越喜一郎著「二宮尊徳(金次郎)の学び」が小野寺教育長に手渡されました

 

 

塚越氏(右)と小野寺教育長(中)及び関係者
▲塚越氏(右)と小野寺教育長(中)及び関係者

 

平成29年8月2日掲載

 

 7月27日(木曜日)、元茨城県教育次長の塚越喜一郎氏が小野寺教育長を訪ねられ、ご自身の著書「二宮尊徳(金次郎)の学び」を手渡されました。

 

 尊徳は、江戸時代経世家・農政家であり、下館藩(筑西市)の財政立て直しなどに尽力した人物として知られています。塚越氏は、長年にわたって尊徳について研究をされていますが、この度の「二宮尊徳(金次郎)の学び」は、尊徳の出身地である神奈川県小田原市の博物館に足を運ぶなどして、尊徳が幼児期、経済的に厳しい中で受けた家庭教育に、あらためて光を当てて書かれています。

 

 その後の懇談の中で、幼児教育について話題になりました。塚越氏は、「尊徳はすべて自力で教養を身に付けたわけではなく、その背景に並々ならぬ両親の教養と家庭教育の努力があり、尊徳が抜きん出た社会事業家になったことにあらためて気付いてほしい」と話されました。小野寺教育長も「県でも幼児教育の重要性を認識しており、参考にさせていただきます」と応えていました。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 義務教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5226(指導担当)  FAX 029-301-5239

E-mail gikyo@pref.ibaraki.lg.jp