茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム >  フォトニュース   > 県立さしま少年自然の家において、「さしまの森 親子ですくすくキャンプ」が開催されました

フォトニュース

県立さしま少年自然の家において、「さしまの森 親子ですくすくキャンプ」が開催されました

 

 

館内でのテントの様子
▲館内でのテントの様子

 

テント設営の様子 ▲テント設営の様子

 

野外調理の様子1
▲野外調理の様子1

 

野外調理の様子2
▲野外調理の様子2

 

平成29年7月6日掲載

 

 7月1日(土曜日)から2日(日曜日)まで、さしま少年自然の家で、「さしまの森 親子ですくすくキャンプ」が開催されました。

 

 これは、施設のキャンプ用品を貸し出し、親子や家族で手軽にできるテント泊体験や野外調理体験などを通して、キャンプの楽しさやスキルを学ぶことや、就学前の幼児を持つ親を対象とした家庭教育支援のプログラムも盛り込むことにより就学前教育・家庭教育の支援を行うことを目的としています。参加者は、51家族211名の応募者の中から抽選で19家族、80名でした。

 

 1日目は、あいにくの雨模様のため、館内のプレイハウスにおいて家族ごとのテントを親子で協力しあいながら設営しました。

 夕食の野外炊飯では、家族ごとにキャンプの醍醐味であるバーベキューやチキンのトマト煮、パスタを作りました。家族団らんで協力しながら調理をする様子はとても微笑ましいものでした。

 夜は、プレイハウスに張ったテントに泊まりました。

 参加者のお父さんからは、「野外での食事はとてもおいしかった。家族のいい思い出ができた」「七輪でのバーベキューを今度は家でもやってみたい。」などの声がありました。

 

 2日目は、お父さん、お母さんを対象に共催の常総市教育委員会の木村弘幸社会教育主事から「幼児との関わりについて考えよう」の講話が行われました。

 参加者からは、「子どもとはじめてテント泊。いつもと違う雰囲気で大喜びしていた。今度は外にテントを張って泊まりたい」「雨で外にテントを張れなかったが、プレイハウスの中にテントを建てられたのでよかった。家族のよい思い出になった」「子育についての木村先生のお話では今後の子育ての心得として改めて感じることができました」という感想が聞かれました。

 

 さしま少年自然の家では、今年度も子ども向け、または、親子で体験できるイベントを予定しております。詳しくは、さしまのホームページをご覧ください。

 

 子育てについての講演の様子
 ▲子育てについての講演の様子

内容に関するお問い合わせ
施設名 さしま少年自然の家
連絡先 0280-86-6311

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 生涯学習課[県庁舎22階]

電話 029-301-5322(学習支援担当)  FAX 029-301-5339

E-mail shogaku@pref.ibaraki.lg.jp