茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > フォトニュース  > 県立筑波高校の「つくばね学」で、地域連携・高大連携による体験活動を実施しました

フォトニュース

県立筑波高校の「つくばね学」で、地域連携・高大連携による体験活動を実施しました

 


「矢中の杜」(つくば市北条)での実習1
▲「矢中の杜」(つくば市北条)での実習1

 

「矢中の杜」(つくば市北条)での実習2
▲「矢中の杜」(つくば市北条)での実習2

 

「華の幹」(つくば市小田)での実習1
▲「華の幹」(つくば市小田)での実習1

 

「華の幹」(つくば市小田)での実習2
▲「華の幹」(つくば市小田)での実習2

 

平成29年7月6日掲載

 

 6月16日(金曜日)、筑波高校の「つくばね学」で、生徒が地域について学びました。

 

 筑波高校では、平成28年度より年間を通して体験的地域学「つくばね学」を開設してきました。地域の教育力を活用し、人間力の向上をめざす学校独自の取組です。

 

 この日は、2年生対象の「つくばね学」、3年生対象の「つくばね学探求」に加えて、茨城大学 正保春彦教授(臨床心理学)によるグループワークの手法を用いた「人間関係づくり演習」が1年生を対象に行われました。

 

 活動内容は、「矢中の杜」(つくば市北条)では、地域から寄贈された古い食器の目録づくりをしました。ここでは、NPO法人が国登録有形文化財旧矢中邸の保全活動を行っており、生徒はその活動の一部を担いました。

 また、「華の幹」(つくば市小田)では、古い木製テーブルを紙やすりで磨いて、古民家の保全と再生、活用を行うNPO法人の方々と様々な活動を行いました。

 

 最後に、茨城大学正保先生の指導による「人間関係づくり演習」をしました。 「風船バレーボール」「人間知恵の輪」といったグループワークを通して、クラスメートとの交流を深めます。このような人間関係づくりの基礎は3年時から始まる「つくばね学」での地域での学習活動につながります。

 

<関連情報>

 風船バレーボール

 ▲風船バレーボール

 

 人間知恵の輪

 ▲人間知恵の輪

内容に関するお問い合わせ
学校名 筑波高校
連絡先 029-867-0041

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課[県庁舎22階]

電話 029-301-5260(指導担当)  FAX 029-301-5269

E-mail kokyo@pref.ibaraki.lg.jp